初任教育 山岳徒歩訓練

更新日:令和3年9月17日

○初任教育 山岳徒歩訓練

 消防学校では、学生が消防活動に必要な体力の増進を図り、判断力、注意力及びチームワーク等を養成するため、毎期ごとに山岳徒歩訓練を行っています。

 消防学校を出発すると、大東市と四條畷市にまたがる「飯森山(いいもりやま)」や「権現の滝(ごんげんのたき)」を経由し、キャンピィだいとう(大東市立野外活動センター)までのコースに挑みました。途中で9か所のチェックポイントを設け、地図とコンパスを頼りにゴールを目指し、各班がチェックポイントを正確に通過し、かつ、ゴールまでの所要時間について競ったところ、今期の記録は最速で「1時間52分」という結果を収めています。

 また、ゴールを目指す道中では、火ばさみとごみ袋を手にした学生が、山道の美化活動に取り組んだほか、ゴール到着後も、キャンピィだいとう内における清掃活動に加え、資機材を利用した倒木除去訓練も実施しました。

 当日は小雨が残る天候の中、往復12キロに挑んだ学生たちでしたが、無事に全員が踏破することができました。

 なお、この様子については、大東四條畷消防組合のホームページ、地域の広場アプリ「ピアッザ」にもご掲載いただいておりますので、あわせてご覧ください。

 大東四條畷消防組合ホームページ(外部サイト)

 地域の広場アプリ「ピアッザ」(外部サイト)

1山岳徒歩訓練  2山岳徒歩訓練 3山岳徒歩訓練 4山岳徒歩訓練 5山岳徒歩訓練 6山岳徒歩訓練

このページの作成所属
政策企画部 消防学校 教務課

ここまで本文です。


ホーム > 防災・安全・危機管理 > 消防 > 教育訓練内容 > 初任教育 山岳徒歩訓練