ワクチン・検査パッケージ制度について

更新日:令和4年1月27日

令和4年1月27日から2月20日までのまん延防止等重点措置において、ワクチン・検査パッケージ制度は適用されません(「対象者全員検査」のみが適用されます。)

1 目的

 ワクチン・検査パッケージ制度は、感染対策と日常生活の回復の両立に向けて、将来の緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等の下において、ワクチン接種歴や陰性の検査結果を活用し、飲食店やイベント等の各分野における行動制限の緩和を可能とするものです。
 ただし、感染が急拡大し、医療提供体制のひっ迫が見込まれる場合等においては、政府又は大阪府の判断で本制度を適用せず、強い行動制限を要請することがあります。

2 ワクチン・検査パッケージ制度の適用のタイミング ※基本的対処方針(令和4年1月19日変更)において、原則として当面適用しないこととされています。

 緊急事態宣言時やまん延防止等重点措置など感染拡大時に大阪府新型コロナウイルス対策本部会議を開催し、府民や事業者の皆さまへの要請と併せ、ワクチン・検査パッケージ制度による行動制限の緩和などを決定します。

3 行動制限の緩和内容

(1)飲食店

 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を自粛するよう要請している場合であっても、第三者認証制度の適用店(感染防止認証ゴールドステッカーの認証店舗)においては、ワクチン・検査パッケージ制度を適用する場合、人数制限は行いません。

(2)カラオケ店

 カラオケ設備を提供する飲食店に対して休業を要請している場合であっても、収容率の上限を50%としてカラオケ設備を提供することが可能となります。

(3)イベント

 人数上限(※)が定められた場合であっても、収容定員までの入場が可能となります。
  ※ 緊急事態措置区域は1万人、まん延防止等重点措置区域は2万人

4 事業者の事前登録

 大阪府域において、緊急事態宣言時やまん延防止等重点措置等により行動制限が課せられている場合、行動制限の緩和の適用を受けるためには、事業者は事前に大阪府に登録する必要があります。

(1)飲食店、カラオケ店

 申請される事業者は、感染防止認証ゴールドステッカーの認証店舗であることが前提であり、大阪府行政オンラインシステムにより、登録申請書を大阪府に提出していただきます。なお、同システムの利用が困難な事業者については、登録申請書を郵送で提出することが可能です。
 申請内容を確認後、事業者に登録完了メールを送付します。また、登録店舗一覧を大阪府ホームページでお知らせします。
 登録が完了された事業者には、新しいゴールドステッカーを交付します。同システムからステッカーをダウンロードし、利用者の方が外から見える位置に掲示してください。なお、郵送で提出された事業者については、ステッカーを返送させていただきます。
 「ワクチン・検査パッケージ制度」の登録で、「対象者全員検査」が適用できます。対象者全員検査」についての詳細は、対象者全員検査についてをご確認ください。

 飲食店等の登録については、飲食店等における「ワクチン・検査パッケージ制度」及び「対象者全員検査」の登録についてからお進みください。

(2)イベント

 参加人数5000人超かつ収容率50%超のイベント(※)を主催する事業者には感染防止安全計画の提出をお願いしています。同計画において、ワクチン・検査パッケージ制度の利用を記載し、大阪府の確認を受けることで、登録完了となります。
※緊急事態宣言時やまん延防止等重点措置など感染拡大時は収容率50%超のイベント
 登録事業者一覧は大阪府ホームページでお知らせします。

 詳細については、イベント開催等における感染防止対策についてをご参照ください。

5 事業者が行う入店時の確認について

 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置等において、行動制限の緩和の適用を受ける場合、登録した事業者は、店舗等への入店時には、「ワクチン接種歴」又は「検査結果の陰性」のいずれかを確認してください。なお、確認できない場合は、行動制限の緩和の適用を受けることはできません。

(1)ワクチン接種歴や検査結果の確認方法

ワクチン接種歴の確認

 予防接種済証等(接種証明書、接種記録書等を含む)により、利用者が2回接種を完了していること、2回目接種日から14日以上経過していることを確認してください。なお、予防接種済証を撮影した画像や写し等での確認も可能です。
 また、身分証明書(※)により本人確認を行ってください。
 なお、国において、ワクチン接種証明書のデジタル化(外部サイト)が実施されています。

 ※ 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、学生証等

PCR検査、抗原定量検査、抗原定性検査の確認

 検査機関等が発行する結果通知書により、利用者の検査結果が陰性であることを確認してください。PCR検査等(Lamp法等の核酸増幅法、抗原定量検査を含む。以下同じ。)が推奨されますが、抗原定性検査も利用可能です。
 PCR検査等は検体採取日(検体採取日が不明な場合は検査日)より3日以内、抗原定性検査は検査日より1日以内の検査結果が有効です。
 また、身分証明書(※)により本人確認を行ってください。

 ※ 運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、学生証等

(2)ワクチン接種歴や検査結果の確認の対象者

飲食店

 同一グループの同一テーブルでの5人以上の会食を行わせる場合には、当該5人以上の利用者全員を確認してください。

カラオケ店

 来店者全員を確認してください。

イベント

 ワクチン・検査パッケージ制度により緩和される部分(定められた人数上限を超えて追加で収容可能となる入場者数分)を確認してください。

(3)その他

◆検査の詳細については、「無料検査事業の実施について」をご参照ください。

◆上記の他、ワクチン・検査パッケージ制度要綱 [PDFファイル/363KB]」、「ワクチン・検査パッケージ制度の実施に係る留意事項 [PDFファイル/1.28MB]」、「ワクチン・検査パッケージ制度要綱に関するQ&A [PDFファイル/962KB]をご参照ください。

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室災害対策課 事業推進グループ

ここまで本文です。


ホーム > ワクチン・検査パッケージ制度について