救急の現状について

更新日:令和3年3月19日

救急の現状(令和元年中)

1.救急出動件数、搬送人員

 大阪府内の救急自動車による救急出動件数は、616,839件(対前年比6,266件増、1%増)、搬送人員は540,481人(対前年比6,122人増、1.1%増)であり、1日平均1,690件(前年1,673件)出動したことになります。

2.事故種別出動件数

 大阪府内の救急自動車による事故種別ごとの救急出動件数は、急病(415,439件、全体の67.3%)、一般負傷(98,235件、全体の15.9%)、交通事故(42,912件、全体の7.0%)の順で多くなっています。

3.傷病程度別搬送人員

 大阪府内の救急自動車による搬送人員の傷病程度別の状況は、軽症(324,865人、全体の60.1%)、中等症(198,855人、全体の36.8%)、重症(10,262人、全体の1.9%)、死亡(6,453人、全体の1.2%)、その他(46人)となっています。

救急車



参考リンク

 大阪救急ナビ

救急医療に関する様々な情報を集約し、府民・関係機関の皆様に有効に御活用いただくことを目的としています。

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室消防保安課 消防指導グループ

ここまで本文です。