トップページ > 住まい・まちづくり > 港湾 > その他の取り組み > 大阪府地方港湾審議会の委員名簿

印刷

更新日:2024年5月20日

ページID:3246

ここから本文です。

大阪府地方港湾審議会の委員名簿

大阪府地方港湾審議会 委員名簿(五十音順)(令和6年5月20日現在)

氏名

フリガナ

職名

選任理由

井内 摂男 イウチ セツオ 大阪商工会議所 専務理事

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(関係経済団体)として選任。

市來 隼 イチキ ハヤト 大阪府議会議員

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第3号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、議会からの推薦により選任。

大内 聡 オオウチ サトシ 大阪税関長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第5号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、関係行政機関(税関)の職員として選任。

岡 修 オカ オサム

大阪府漁業協同組合連合会
代表理事会長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(水産関係者)として選任。

垣見 大志朗 カキミ ダイシロウ 大阪府議会議員

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第3号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、議会からの推薦により選任。

黒坂 則子

クロサカ ノリコ

同志社大学 教授

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第1号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾に関し広い知識又は経験を有する学識経験者として選任。

毛海 千佳子 ケウミ チカコ 近畿大学 准教授

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第1号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾に関し広い知識又は経験を有する学識経験者として選任。

見坂 茂範 ケンザカ シゲノリ 近畿地方整備局長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第5号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、関係行政機関(地方整備局)の職員として選任。

小嶋 敏弘

コジマ トシヒロ

大阪港湾労働組合協議会 議長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(関係労働団体)として選任。

佐藤 宗昭 サトウ ムネアキ

全日本海員組合大阪支部 支部長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(関係労働団体)として選任。

柴山 恒晴 シバヤマ ツネハル 大阪倉庫協会 会長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(倉庫業者)として選任。

鯛 和久 タイ カズヒサ 岸和田海上保安署長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第5号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、関係行政機関(海上保安官署)の職員として選任。

竹林 幹雄 タケバヤシ ミキオ 神戸大学大学院 教授

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第1号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾に関し広い知識又は経験を有する学識経験者として選任。

中川 あきひと ナカガワ アキヒト 大阪府議会議員

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第3号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、議会からの推薦により選任。

永野 耕平 ナガノ コウヘイ 岸和田市長 大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第4号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、地元市町村を代表する関係市町長として選任。
西 豊樹 ニシ トヨキ

大阪港運協会 会長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(港湾運送事業者)として選任。

日笠 弥三郎

ヒカサ ヤサブロウ

近畿運輸局長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第5号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、関係行政機関(地方運輸局)の職員として選任。

紅谷 昇平 ベニヤ ショウヘイ 兵庫県立大学大学院 准教授

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第1号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾に関し広い知識又は経験を有する学識経験者として選任。

前田 将臣 マエダ ノブミ 大阪府議会議員

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第3号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、議会からの推薦により選任。

増子 祐司 マシコ ユウジ 大阪船主会 副会長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第2号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾関係者(船会社)として選任。

松尾 俊彦

マツオ トシヒコ

大阪商業大学 教授

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第1号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、港湾に関し広い知識又は経験を有する学識経験者として選任。

南出 賢一 ミナミデ ケンイチ

泉大津市長

大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第4号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、地元市町村を代表する関係市町長として選任。

宮本 勝通 ミヤモト カツユキ 大阪海上保安監部長 大阪府地方港湾審議会条例第3条第2項第5号に基づき、運輸省通達(昭和48年10月1日港管第2363号)を参考に、関係行政機関(海上保安官署)の職員として選任。

大阪府地方港湾審議会委員名簿(エクセル:40KB)大阪府地方港湾審議会委員名簿(PDF:111KB)

このページの作成所属

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?