トップページ > くらし・環境 > 環境 > 資源循環(3R) > サーキュラーフィールドOSAKA(大阪府エコタウン) > プラスチック製衛生製品(マスク等)製造・備蓄・再資源化事業

印刷

更新日:2024年1月30日

ページID:556

ここから本文です。

プラスチック製衛生製品(マスク等)製造・備蓄・再資源化事業

株式会社関西再資源ネットワーク

事業概要 プラスチック製衛生製品(マスク等)製造、衛生製品の備蓄及び再資源化に係る実証研究
対象廃棄物と処理能力 対象廃棄物:プラスチック製衛生製品(マスク等)
処理能力:実証研究のため未定
特徴
  • 新型コロナウイルスを始めとした感染症予防のために必要なプラスチック製衛生製品(マスク等)について、国内製造・備蓄能力の増強に資する施設の整備と、使用済マスク等の回収・再利用・再資源化及び環境負荷の少ないバイオマスプラスチックを使用した製品製造に関する研究を一貫して実施
  • 衛生製品の製造・輸入事業と堺7-3区においてリサイクル事業を手がけてきた事業者が新たに取り組む事業であり、緊急的社会ニーズに対応した、衛生産業とリサイクル産業の融合による事業性の向上をめざしたモデルケースとなるもの

その他

事業費:約15億円
経過:令和2年7月 大阪府エコタウンプランに追加
令和3年9月 エコタウン用地貸付(変更契約)
令和4年3月 事業開始(マスク資源化は実証試験中)
お問合せ先 株式会社関西再資源ネットワーク

大阪府堺市西区築港新町4丁2-5
電話番号 072-320-9001

ファクシミリ 072-320-9004

会社のホームページはこちら(外部サイトへリンク)(別ウィンドウで開きます)

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?