トップページ > くらし・環境 > 環境 > 自然環境・生物多様性 > ひろがれ!みどり > 大阪府森林整備指針を策定しました

印刷

更新日:2020年3月11日

ページID:20236

ここから本文です。

大阪府森林整備指針を策定しました

令和元年12月 大阪府森林整備指針を作成しました

平成31年4月から森林経営管理制度、及び、森林環境譲与税が始まり、市町村自らが森林整備を実施することが可能となりました。そこで、府域の森林を対象に、将来の望ましい森林の姿と、それを実現するための技術的な手法等を示す「大阪府森林整備指針」を令和元年12月に策定しました。今後は、本指針により、府、市町村、森林所有者、森林ボランティアなどが連携・協調して森林の保全整備を進めていきます。

指針の概要

  • 大阪府の将来の森林のあるべき姿を分かりやすく示すため、「メリハリをつけた林業経営」「防災に配慮した森づくり」「広葉樹などの資源の育成と活用」「多様な森づくり」の4つの目標を定めました。
  • 「メリハリをつけた林業経営」のために、府内の森林を傾斜度や土壌などの条件により4区分し、それぞれの区分に応じた施業方法を定めました。
    (例:条件の悪い不適地に区分されたスギ・ヒノキ人工林では、広葉樹林への誘導・転換を推奨する)
  • 風倒木被害地やナラ枯れ被害地、拡大竹林などは特に対応が必要な森林として、早期に対策を行うこととしました。
  • 森林整備に当たっては、防災対策や生態系保全、シカ食害対策、景観対策に配慮して実施することとしました。

詳細は、概要版又は本文をご覧ください。

大阪の森林と林業 のページへ

ひろがれ!みどり おおさかのみどりのホームページへ

問い合わせ先

大阪府 環境農林水産部 みどり・都市環境室 みどり推進課 森林整備グループ
電話 06-6210-9559
ファックス 06-6210-9551
E-mail:mailto:midorikankyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?