トップページ > くらし・環境 > 環境 > 気候変動対策・エネルギー政策 > 脱炭素に向けた行動変容 > 再エネ100宣言 RE Action アンバサダー就任について

印刷

更新日:2021年3月29日

ページID:1199

ここから本文です。

再エネ100宣言 RE Action アンバサダー就任について

大阪府では、「2050年二酸化炭素排出量実質ゼロ」の実現に向けて、「大阪府地球温暖化対策実行計画」及び「おおさかスマートエネルギープラン」に基づき、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組むこととしており、その取組みの柱の一つとして再生可能エネルギー電気の調達の促進を掲げています。

再生可能エネルギー電気の調達を、府内事業者や市町村等の幅広い取組みとして展開していくため、再エネ100%に向けた取組みを支援する「再エネ100宣言 RE Action」の趣旨に賛同し、令和3年3月31日付けでアンバサダーに就任しました。

アンバサダーとして、関係団体等との交流・連携などを通じ、府内事業者等による再生可能エネルギー電気の導入の効果的な促進に取り組んでいきます。

再エネ100宣言 RE Actionについて

再エネ100宣言

概要

事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを示す国際イニシアティブであるRE100は、年間消費電力量50GWh以上の企業に参加が限定されています。RE100の趣旨に賛同しながらも参加できない企業等の声を受け、RE100に対する日本版イニシアティブとして、年間消費電力量50GWh未満の企業、自治体、教育機関、医療機関等の様々な組織が、その規模に関わらず参加できる新たな枠組みとして2019年10月に設立されたものです。
使用電力を再エネ化したいという企業等需要家の声を可視化し、需要があることを示すことで、再生可能エネルギー市場を動かし、再生可能エネルギーの普及を図ることを目的としています。

運営団体

再エネ100宣言 RE Action協議会

  • グリーン購入ネットワーク(GPN)
  • イクレイ日本(ICLEI)
  • 公益財団法人地球環境戦略研究機関(IGES)
  • 日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)

詳しくは「再エネ100宣言 RE Action」のページをご覧ください。(外部サイトへリンク)

RE Action アンバサダーについて

概要

中央省庁、都道府県庁、政令指定都市を対象とする「RE Actionの応援者」として参加する枠組みです。

アンバサダーの役割

  • 再エネ100宣言 RE Actionへの賛同支援の表明
    (再エネ100宣言 RE Actionウェブサイトへの掲載、各自の行政機関ウェブサイトへの掲載)
  • 管轄地域内団体等への参加推奨・PR等

参加団体

17団体(令和3年3月31日現在)
中央省庁:外務省、環境省、防衛省
都道府県庁:大阪府、神奈川県、熊本県、群馬県、徳島県、鳥取県、兵庫県
政令指定都市:大阪市、川崎市、京都市、さいたま市、新潟市、浜松市、横浜市

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?