トップページ > くらし・環境 > 環境 > 気候変動対策・エネルギー政策 > 脱炭素に向けた行動変容 > 府有施設における再生可能エネルギー100%電気の利用について

印刷

更新日:2021年3月11日

ページID:1198

ここから本文です。

府有施設における再生可能エネルギー100%電気の利用について

府の施設で再生可能エネルギー100%電気を使用しています

府では、温室効果ガス排出量削減に向けた取組みの1つとして、府民・事業者の皆様等に再生可能エネルギー電気(以下「再エネ電気」という。)の利用を広く呼び掛けるため、府庁自らが使用する電気についても、再エネ電気への切替えを順次進めていくこととしています。

対象施設

(例)大手前庁舎
大手前再エネ

  • 大手前庁舎 計7施設(令和3年4月から)
    本庁舎(本館、別館、大阪府公館、分館6号館)、旧府営印刷所、職員会館分館、旧議会会館

使用電力量(予定)

約506万kWh

二酸化炭素(CO2)排出削減効果(推定)

二酸化炭素(CO2)排出削減量は年間で約1,900トン

※再エネ電気は、発電時に二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、再エネ電気を利用することで、電気の使用に伴い排出される二酸化炭素(CO2)を減らすことにつながります。

使用している再エネの種類

対象施設では、再エネ100%電気を使用しています。再エネには、太陽光、風力、バイオマスなど様々な種類があります。
現在、使用している再エネ電気の電源構成(再エネの種類)は以下のとおりです。
再エネ種類

バイオマス発電とは?

バイオマス発電について詳しく知りたい方はバイオマス(廃棄物発電)とは?のページへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?