トップページ > 健康・福祉 > 医療 > 感染症・難病等の病気 > 感染症対策情報 > 新型コロナウイルスワクチン > 【医療機関向け】ワクチン接種後の副反応等に対応する専門医療体制について

印刷

更新日:2024年4月1日

ページID:61671

ここから本文です。

【医療機関向け】ワクチン接種後の副反応等に対応する専門医療体制について

新型コロナワクチン接種後の副反応を疑う症状に対応する専門医療体制について

新型コロナワクチン接種後の副反応を疑う症状に対応する専門的な医療機関及び専門的な医療機関を支援する医療機関を確保し、専門医療体制を構築しています。

【専門医療体制について】

  • まずは、被接種者の方が、接種医、かかりつけ医又はお住まいの身近な医療機関(以下「地域の医療機関」という。)にご相談いただき、必要に応じ、地域の医療機関から専門的な医療機関へ相談や、紹介をしていただく流れになります。
    専門的な医療機関への受診にあたっては、原則、地域の医療機関からの紹介状が必要となります。
    ※専門的な医療機関であっても、症状により対応ができない場合があります。
  • 地域の医療機関におかれましては、被接種者の方からの相談にご対応いただきますよう、お願いいたします。

【専門的な医療機関について】

  • 専門的な医療機関は、地域の医療機関からの専門的な相談に対応する医療機関であり、様々な症状に対応できるよう、2次医療圏毎に概ね1か所、地域医療支援病院等の地域の基幹的な医療機関にご協力いただいています。
  • また、受診を希望される方が円滑に専門的な医療機関へ繋がるよう、専門的な医療機関をご存知でない場合は、地域の医療機関から府の相談窓口へお問い合わせください

⇒府が設置する副反応相談窓口はこちら。
⇒令和6年3月31日までに接種された方及び令和6年の定期接種(秋・冬)を受けられた方の健康被害救済制度については予防接種健康被害救済制度についてのページ(外部サイトへリンク)
⇒令和6年4月以降に任意接種を受けられた方の健康被害救済制度については医薬品副作用被害救済制度のページ(外部サイトへリンク)

医療機関向けフロー図

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?