おおさか農空間づくりプラットフォームとは?

更新日:平成29年10月3日

おおさか農空間づくりプラットフォームとは?

  ◆プラットフォーム設置の目的

  ◆プラットフォームは何をするの?

 プラットフォーム設置の目的

 府内農空間での保全活動などの取組状況や府民や企業等が農業・農空間を愉しみ、交流することができるプログラムの発信、活動団体同士の情報交換・交流など、府民が活動に参加しやすい環境づくりのための「おおさか農空間づくりプラットフォーム」愛称:ぷらっと農楽里(のらりん)を設置しました。

 これにより、農空間が保全されるとともに、農空間が持つ多様な機能の発揮を促進していきます。

 愛称のぷらっと農楽里(のらりん)は、プラットフォームが空間での活動に関わる人々がしく出会える場()として機能してもらいたいからです。

 

imagepf

プラットフォームは何をするの?

  プラットフォームは3つの機能を持っています。

 1.情報発信
    府民や企業等が農空間での活動に参加しやすい環境づくりのために、農空間での活動情報やイベント情報、参加募集などをホームページやFacebookで発信します。
 

 2.マッチング
    農空間をより魅力あふれる場所にできるよう、事務局が農空間に関わりたい府民や団体等と農空間の保全に取り組んでいる団体等を結び付けるお手伝いをします。

mattinngu

 
3.情報交換・交流の実施
     農空間で活動する団体や農空間に関わりたい方々との情報交換・交流を促進します。



 プラットフォームを活用するためには会員登録を行う必要があります。
 会員登録は無料です。

  会員が情報発信したい場合はこちらの様式に記入の上事務局(nosei-g09@sbox.pref.osaka.lg.jp)まで送付願います。

 様式はこちら [Wordファイル/18KB]

このページの作成所属
環境農林水産部 農政室整備課 計画指導グループ

ここまで本文です。


ホーム > 農林・水産業 > 農林業 > おおさか農空間づくりプラットフォーム > おおさか農空間づくりプラットフォームとは?