令和5年度民間施設における木質空間整備事業補助金の採択結果について

更新日:2023年12月7日

民間施設での大阪府内産木材の利用促進を図るため、多くの府民が利用する商業施設や交通機関等の施設における

大阪府内産木材を使用した木質空間の整備に対して支援します。

採択案件の概要

【1次募集】

令和5年6月23日(金曜日)から令和5年7月24日(月曜日)まで募集したところ、1件の応募がありました。
応募書類をもとに要件等を確認の上、事業内容を審査した結果、採択を決定しました。

■応募事業数    1件

■採択決定事業数 1件

採択決定事業 [PDFファイル/36KB] 採択決定事業 [Excelファイル/19KB]

【2次募集】

令和5年8月9日(水曜日)から令和5年9月29日(金曜日)まで募集したところ、1件の応募がありました。
応募書類をもとに要件等を確認の上、事業内容を審査した結果、採択を決定しました。

■応募事業数    1件

■採択決定事業数 1件

採択決定事業 [PDFファイル/35KB] 採択決定事業 [Excelファイル/19KB]

事業募集の概要(令和5年度事業の募集は終了しました。)

以下の記載は、令和5年度(1次募集)の内容です。

対象者

民間(国、地方公共団体以外)法人

対象施設

以下の(1)から(3)のすべての要件を満たす施設

 (1)多くの府民の目に触れ、利用者が特定の団体や契約会員等のみに限定されない大阪府内の施設であること。

 (2)補助事業者が所有又は管理する施設であること。なお、施設を所有していない場合は、交付要綱第13条第3項で定める財産の

    処分制限期間について施設を維持できる権原の設定がされていること。

 (3)国、地方公共団体が所有又は管理する施設、個人が所有する施設でないこと。

補助事業の内容・対象経費

【補助事業の内容】

 大阪府内産木材を使用する次の取組のうち、知事が適当と認めたもの

 (1)床、壁、天井等の内外装の木質化

 (2)(1)と併せて行う木製じゅう器等の整備

【補助対象経費】

 (1)大阪府内産木材の使用にかかる木工事費のうち、補助事業を実施するために必要かつ適当と認める下記の経費

1 材料費

木工事に直接必要な材料や木製じゅう器等の購入費をいい、これに要する運搬費等を含むものとする。

2 労務費

木工事に直接必要な労務者に対する賃金等の人件費をいう。

3 諸経費

木工事に係るその他経費をいう

 (2)本補助金の交付決定後に発注を行い、補助事業実施期間中に支払いが完了し、かつ証拠書類によって金額などが確認できる経費が対象となります。

 (3)構造材として使用する大阪府内産木材は、補助対象です。

 (4)設計に関する経費は、補助対象外です。

補助金額・補助事業実施期間

 (1)補助金額

  補助率は、補助対象経費の2分の1以内

  ただし、上記の補助率の範囲内において、補助金の額の上限及び下限は以下のとおりとする。

上限

以下の(ア)及び(イ)とする。

(ア)1申請につき3,000万円

(イ)大阪府内産木材の使用量1立方メートルにつき150万円

下限

1申請につき1,000万円

 

 

 

 

 【留意事項】

  ・補助金額は、補助対象経費の総額に補助率を乗じて算定します。補助金額に千円未満の端数が生じた場合は切り捨てます。

  ・消費税については、原則、補助対象経費に含まないものとします。

 (2)補助事業実施期間等

  ・工事の発注・契約・工事着手は、交付決定日以降に実施してください。

  ・工事費用の支払いは、実績報告書の提出期限までに完了してください。

  ・事業完了及び実績報告書の提出は、原則、令和6年3月25日までに実施してください。

 (3)補助要件 

   次のアからキのすべての要件を満たすものとする。

   ア 大阪府内産木材を床・壁・天井、じゅう器等で、合計7立方メートル以上使用すること。

   イ 大阪府内産木材を木質空間の整備区域の面積100平方メートルあたり1.2立方メートル以上使用すること。

   ウ 大阪府内産木材を床・壁・天井・じゅう器等の表面の仕上材として、延べ100平方メートル以上(見えがかり部分の投影面積)使用すること。

       エ 耐火性、耐久性及び安全性等の観点から木材が適切に使用されていること。

       オ 大阪府内産木材を使用していることを、施設利用者に対し明示し、継続して情報発信すること。

       カ 補助対象経費について、他の補助事業との重複がないこと。

       キ 事業完了後の維持管理体制が確実に見込まれること。

応募方法 

事業計画者は、提出書類を下記の提出先まで郵送又は持参により提出してください。

提出部数は正1部、写し5部とします。なお、追加資料を求められた場合は、それに応じ提出してください。

 (1)提出期間

   令和5年6月23日(金曜日)から令和5年7月24日(月曜日)まで

 (2)提出先

   〒559-8555 大阪市住之江区南港北1-14-16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)22階

   大阪府 環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課 森林支援グループ 電話番号:06-6210-9556

 (3)提出書類

   ア 事業計画書(応募第1号様式)

   イ 経費内訳書(応募第2号様式)

   ウ チェックリスト兼誓約書(応募第3号様式)

   エ 事業内容の説明資料

    (工程表、位置図、平面図、構造図またはイメージ図(パース図)、現況写真、その他説明に必要な資料)

   オ 大阪府内産木材の使用量等の根拠

    (木材使用量・仕上げ材の使用面積の計算書、整備区域の面積の計算書)

   カ 事業費の積算内訳が分かる資料(見積書・積算書等)

   キ 登記事項証明書

   ク 賃貸借契約書の写し及び施設所有者の承諾書など

    (自社所有でない施設(賃借契約)で事業を行う場合)

   ケ 納税証明書(未納がないことの証明:発行から3か月以内のもの)

     ・大阪府の府税事務所が発行する府税(全税目)の納税証明書

     ・税務署が発行する法人税と消費税及び地方消費税の納税証明書

   コ 直近の決算報告書

   サ その他知事が必要と認める書類

事業リーフレット、公募要項及び交付要綱

【事業リーフレット】

 事業リーフレット [PDFファイル/686KB] 

【公募要項】

 公募要項 [PDFファイル/199KB] 公募要項 [Wordファイル/114KB]

 公募要項様式 [PDFファイル/124KB] 公募要項様式 [Wordファイル/32KB]

【交付要綱】

 交付要綱 [PDFファイル/185KB] 交付要綱 [Wordファイル/35KB]

 交付要綱様式 [PDFファイル/222KB] 交付要綱様式 [Wordファイル/57KB]

その他 

 ア 応募書類はモノクロ(白黒)としてください。ただし、応募書類に添付する書類(デザインパース等)はカラーでお願いします。

 イ 応募書類は正本1部、副本5部を、それぞれ1セットずつA4ファイルに綴ってください。

 ウ 表紙及び背表紙には事業名と提案者名を記入してください。

  <記入例>「令和5年度 民間施設における木質空間整備事業補助金」提案書 

          株式会社○○(法人名)

 エ 書類提出後の差し替えは認めません(大阪府が補正等を求める場合を除く)。

 オ 提出書類に虚偽の記載をした者は本件への参加資格を失うものとします。

選定方法

 (1)審査方法

   ア (2)の審査基準に基づき、外部委員3名で構成する審査会を開催し、その内容を踏まえて決定します。

   イ 各審査委員の評価点(審査基準アからウの評価点合計)の平均値(小数点以下第1位を四捨五入)により事業の順位付けを行い、

     得点の高い事業者から予算の範囲内で採択します。ただし、同点となった事業については、

        大阪府内産木材の利用量やPR効果の高いものにより順位を決定します。

   ウ 審査は応募書類による書類審査とし、必要に応じて委員からの質疑や追加資料提出の依頼等をします。

   エ 評価点が、審査の結果、100点満点中60点以下の場合は採択しません。

     また、委員に対して不正行為目的の接触を行った申請者は、審査対象から除外します。

   オ 審査内容、結果の順位・点数等に係る質問や異議は一切受け付けません。

  (2)審査基準

審査項目

評価の基準

配点

ア 木材利用計画

○大阪府内産木材が効果的に利用され、施設の目的や施設との調和が図られた計画となっているか。

60

イ 利用者数・公開性

○不特定多数の府民の目に触れる施設で、利用者が特定の団体や契約会員等のみに限定されない施設であるか。

20

ウ 整備費用

○整備費用について十分に検証され、市場価格等から勘案して適切な内容となっているか。

20

合計

 

100

 (3)選定結果

   選定結果については、書面にて郵送で通知します。個別の選定結果に関する問い合わせには応じられませんので、あらかじめご了承ください。

大阪府内産木材の産地証明書類

大阪府内産木材の確認は、最終納材者による大阪府内産木材の証明書類及び生産・流通経路図(原木から施工現場到着までの生産・流通に

関係した事業者名がわかるもの。)で確認します。

応募に係る注意事項等

 (1)本補助金の選定事業者に関する情報のうち、法人名、施設の名称、所在地、事業費等を大阪府ホームページにて公表します。

 (2)予算の範囲内で内示額を決定するため、審査の結果、申請希望額より減額する場合があります。

 (3)個人情報の収集、利用、提供及び管理等について、個人情報の保護に関する法律及び大阪府個人情報保護条例を遵守するとともに、

   個人情報や機密情報が漏洩・滅失することのないよう適切に取り扱います。また収集した情報は、法律・条例の規定に基づき、

   利用目的の範囲内のみ利用し、目的外の利用をすることはありません。

 (4)必要に応じて、追加で書類の提出を求めることがあります。

問合せ先

大阪府 環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課 森林支援グループ 電話番号:06-6210-9556

メールアドレス:midorikankyo-g10@sbox.pref.osaka.lg.jp

【参考】大阪府内産木材を使用した府有施設木質化の取組(大阪府内産木材利用促進モデル整備等業務)

「府有施設」での大阪府内産木材を使った木質化の事例を紹介しています。

令和3年度(大阪府庁咲州庁舎、大阪府立中央図書館

令和4年度(大阪府パスポートセンター、門真運転免許試験場)

令和5年度(大阪府こころの健康総合センター)

このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室森づくり課 森林支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 自然環境・みどり > 森林環境譲与税 > 令和5年度民間施設における木質空間整備事業補助金の採択結果について