有害図書類の区分陳列等の遵守状況調査

更新日:令和2年9月3日

府内の図書類取扱い店舗に対して、有害図書類の取扱いや区分陳列の方法、個別包装や掲示等の条例遵守状況について調査をしています。
調査については、全店舗を対象とする「社会環境実態調査」とその調査の結果、不適切と報告のあった店舗等に対する再調査と二種類に区分されます。

社会環境実態調査

近年の調査結果は下記のとおりです。 

 

調査店舗数

区分陳列
実施率

掲示
実施率

個別
包装率

不適切
店舗数       

平成25年度

3,188

98.8%

96.0%

87.8%

407

平成26年度

3,676

98.9%

97.0%

87.8%

341

平成27年度

2,906

99.1%

96.8%

90.3%

309

平成28年度

2,886

98.7%

94.8%

89.7%

315

平成29年度

2,766

99.1%

96.5%

89.5%

399

平成30年度

2,775

98.6%

95.5%

88.2%

379

令和元年度 New!!

372

96.8%

93.6%

90.4%

38

 

 

 

                                                                                            



※令和元年度は、複数の大手コンビニチェーンが成人雑誌の販売を販売を中止したため、調査店舗数が大幅に減少しました。

◆詳細は、こちらの令和元年度社会環境実態調査の報告書をご覧ください。
令和元年度大阪府社会環境実態調査結果報告書 [Excelファイル/1.26MB]New!!
令和元年度大阪府社会環境実態調査結果報告書 [PDFファイル/995KB]  New!!

不適切と報告のあった店舗等に対する再調査

社会環境実態調査で不適切と報告のあった店舗や調査拒否等による未調査の報告があった店舗に対して、再調査を実施します。
再調査の結果、違反等が見受けられた店舗に対しては、調査・指導を実施し、
それでもなお違反が見受けられる場合には、条例に基づく改善の勧告や店舗名の公表等を行うこととしています。

近年の調査状況は下記のとおりです。 

調 査 結 果

区分陳列(又は個別包装)の
方法が不十分

掲示の方法が不十分

平成25年度

平成26年度

27

50

平成27年度

33

50

平成28年度

24

62

平成29年度

16

69

平成30年度

21

56

令和元年度 New!!

36

18

※平成25年度については、社会環境実態調査の24年度と25年度の調査結果で、不適切との報告のあった店舗と未調査の店舗を調査対象としています。
※調査の結果、違反等のあった店舗については、職員による指導を随時行っており、全て改善済みです。

このページの作成所属
政策企画部 青少年・地域安全室青少年課 健全育成グループ

ここまで本文です。


ホーム > 教育・学校・青少年 > 青少年 > 大阪府青少年健全育成条例の運用 > 有害図書類の区分陳列等の遵守状況調査