ケアマネ試験の受験要件の変更について

更新日:平成29年3月29日

介護支援専門員実務研修受講試験の受験要件の見直しについて
(平成30年度 第21回試験から適用)

 平成27年度2月12日付老発0212第2号により、受験要件の見直しが行われ、見直し後の対象資格及び業務は、区分(ア)国家資格等に基づく業務の別表1に該当する者及び区分(イ)相談援助業務の別表2−1に該当する者のみとなります。
 ただし、経過措置期間として平成27年度から平成29年度までの試験については、見直し以前の業務(現在の受験資格 別表2−2、別表3、別表4、別表5)も対象とします。

【重 要】平成30年度の試験について

 平成30年度の試験については、これまで実務経験証明書や国家資格等取得証明書の提出が免除となっていた方も、提出が必須要件となります。
 別表1の業務については、資格登録日以降の実務経験で必要な実務経験の期間、日数を満たしている必要があります。

【参 考】平成27年度2月12日付老発0212第2号について

 受験要件に関する厚生労働省からの通知(平成27年度2月12日付老発0212第2号) [PDFファイル/157KB]

【参 考】受験資格

 受験資格の見直しに係る詳細について(指定試験実施機関 大阪府地域福祉推進財団)(外部サイト)

【参 考】実務経験証明書の様式

  実務経験証明書の様式について(指定試験実施機関 大阪府地域福祉推進財団)(外部サイト)
 ※実務経験証明書の様式については、「試験要領」に添付されている実務経験証明書のほか、上記サイトのものも使用できます。

このページの作成所属
福祉部 高齢介護室介護支援課 利用者支援グループ

ここまで本文です。


ホーム > 福祉・子育て > 高齢者 > 介護支援専門員情報 > ケアマネ試験の受験要件の変更について