府営住宅駐車場における空き区画の有効活用事業について

更新日:令和3年6月21日

府営住宅駐車場における空き区画の有効活用事業について

 大阪府では、府営住宅駐車場の空き区画を有効活用し、府営住宅入居者をはじめ広く府民の利便性向上に資するため、コインパーキング事業予約駐車場サービス事業カーシェアリング事業の導入に向け取組んでいます。

コインパーキング事業

 不特定多数の方が利用可能な時間貸駐車場で、現地で利用時間に応じた利用料金の支払いができます。
 本事業の運営は公募で決定した運営事業者が行っています。

 令和3年3月31日現在、231の府営住宅でコインパーキング事業を実施しています。 実施 [Excelファイル/635KB]  [PDFファイル/92KB]   事業者の募集結果についてはコチラ(別ウィンドウで開きます。) 


 ◇コインパーキング事例1 大阪府営新千里南住宅(豊中市新千里南町2丁目)
府営新千里南町住宅のコインパーキング事例

 ◇コインパーキング事例2 大阪府営富田林清水住宅(富田林市清水町3)
府営富田林清水住宅のコインパーキング事例

このページのTOPに戻る

予約駐車場サービス事業

 インターネットを活用し、駐車場を利用しようとする者がパソコンやスマートフォン等から、利用可能な駐車場を検索・予約し、一時利用することができます。
 本事業の運営は公募で決定した運営事業者が行っています。事業者の募集結果についてはコチラ(別ウィンドウで開きます。)
 この事業を行う駐車場区画は予約専用ですので、駐車の際は予約の上で利用をお願いします。

 予約駐車場サービスの利用方法概要(1駐車場を検索(スマートフォンやパソコンで検索→予約したい駐車場の空き状況・料金を確認 2駐車場を予約(駐車場を予約→インターネットでのクレジットカード支払い) 3当日に駐車(予約時に受信するメールにおいて指定された区画に当日駐車))
 

予約駐車場サービス事業を実施している府営住宅では、府営住宅にお住まいの方や、府営住宅を訪問される方をはじめ、どなたでもご利用いただけます。
 ※利用の際には、運営事業者への会員登録が必要となります。

 

府営住宅の所在市町

運営事業者・予約先ホームページ等

豊中市、池田市、吹田市、箕面市

利用の際は、ロケリブのホームページから(外部サイト)予約してください。



 
ロケリブwebサイト

茨木市、高槻市、摂津市、島本町
枚方市、四條畷市、大東市、交野市、寝屋川市、守口市、門真市
岸和田市、和泉市、高石市、泉大津市、貝塚市、忠岡町
泉佐野市、泉南市、阪南市、熊取町、田尻町、岬町
大阪市、東大阪市、八尾市、柏原市、松原市、藤井寺市、羽曳野市
富田林市、河内長野市、大阪狭山市
堺市

  ※ 駐車場の空き状況や府事業の状況などを考慮し、準備の整った住宅から順次、導入を行っていくものですので、対象の府営住宅すべてに導入がなされているものではありません。
    利用可能な駐車場の最新情報は、上記に記載する運営事業者のホームページから検索いただけます。

 ※府営住宅にお住まいの方の訪問介護や生活支援等で来訪される方へ
   
コインパーキングでは、利用当日に満車で駐車場が利用できない場合もありましたが、予約駐車場サービスでは事前予約により確実に駐車できます。
    また、利用当日は何度でも車の出し入れが可能です。

このページのTOPに戻る

カーシェアリング事業

 事業者が用意する事業用車両を、会員等の希望者が共同使用することができます。
 本事業の運営は公募で決定した運営事業者が行っています。

 
令和3年3月31日現在、23の府営住宅で合計35台の車両を設置してカーシェアリング事業を実施しています。

新着 府営住宅駐車場におけるカーシェアリング事業を実施する事業者を決定しました。(令和3年3月5日)    
    
府営住宅駐車場におけるカーシェアリング事業者を募集します。(その2)(令和3年1月25日)

    府営住宅駐車場におけるカーシェアリング事業者を募集します。(令和2年9月28日)(募集終了)

◇カーシェアリング事例 大阪府営千里桃山台住宅(吹田市桃山台1丁目)

府営桃山台住宅のカーシェアリング事例※中央2台がカーシェアリングの車両

このページのTOPに戻る 

 事業に関する問い合わせ先

大阪府住宅まちづくり部 住宅経営室 施設保全課 施設管理グループ(駐車場担当)
 所在地:大阪市住之江区南港北1-14-16(咲洲庁舎26階)
 電話:(06)6210-9773(直通)
 電子メールアドレス:jutakukeiei@sbox.pref.osaka.lg.jp 

このページの作成所属
住宅まちづくり部 住宅経営室施設保全課 施設管理グループ

ここまで本文です。