関係業界団体(不動産、広告、リサーチ)における自主的な取組み

更新日:令和2年11月24日

関係業界団体(不動産、広告、リサーチ)における自主的な取組み

 大阪府では、差別につながる土地調査の事実を受け、行政、関係業界団体、学識経験者、関係団体による「不動産取引における土地調査問題研究会」を平成21年12月に設置し、差別につながる土地調査防止に向けた方策を検討しました。
 この研究会の報告書を踏まえ、研究会に参画した不動産、広告、リサーチの業界団体では、人権啓発体制の整備や人権研修の実施、自主規制ガイドライン、人権に関する行動指針の策定、差別につながる土地調査の防止に向けた意見交換会への参画など、自主的な取組みを進めています。

大阪不動産マーケティング協議会

 この協議会は、平成23年9月30日に、一部改正された大阪府の条例が施行される時期にあわせて、業界の垣根をこえて不動産業界・広告業界・リサーチ業界の不動産に関するマーケティング業務(調査・企画・開発・広告・販売)に携わる事業者によって設立されました。
 条例の遵守・反差別・人権意識の向上・マーケティング力の向上を基本理念とし、差別をしない、させない、許さないために共通認識づくり、人権尊重の社会づくりの実践を担うことを目的に活動しています。

<取組事例>
・人権に関する教育事業の企画
・「不動産マーケティングの表現に関する相談事業」、「社内研修等に関する懇談会」など会員各社の人権に配慮した業務推進

大阪府不動産マーケティング協議会の詳細につきましては、下記リンク先をご覧ください。
大阪不動産マーケティング協議会(外部サイト)

 

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権擁護課 人権・同和企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 「大阪府部落差別事象に係る調査等の規制等に関する条例」の概要や周知の取組み > 関係業界団体(不動産、広告、リサーチ)における自主的な取組み