看護職員等処遇改善事業

更新日:2022年4月26日

地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関に勤務する看護職員等の賃金改善を行うために必要な費用を補助します。

 事業内容等の詳細は、以下の資料をご確認ください。

 ■事業概要

  地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関(※1)に勤務する看護職員を対象に、賃上げ効果が継続される取組を行うことを前提として、収入を1%程度(月額4,000円)引き上げるための措置(※2)を、令和4年2月から実施するものに対し補助します。

  ※1 「地域でコロナ医療など一定の役割を担う医療機関」:一定の救急医療を担う医療機関(救急医療管理加算を算定する救急搬送件数200台/年以上の医療機関及び三次救急を担う医療機関)
  ※2 看護補助者、理学療法士・作業療法士等のコメディカルの処遇改善にこの処遇改善の収入を充てることができるよう柔軟な運用を認めます。

  事業概要 [PDFファイル/182KB]

 ■看護職員等処遇改善事業実施要綱

  看護職員等処遇改善事業実施要綱 [PDFファイル/205KB]

 ■看護職員等処遇改善事業補助金交付要綱(案)

  看護職員等処遇改善事業補助金交付要綱(案) [PDFファイル/238KB]

  ※都道府県担当者会議で示された案です。正式な通知は未着です。

 ■賃金改善開始(令和4年2月または3月から)の報告様式

  賃金改善開始の報告様式 [Wordファイル/16KB]

 ■賃金改善計画書・実績報告書様式

  賃金改善計画書・実績報告書様式 [Excelファイル/40KB]

 ■Q&A(更新)New!

  看護職員等処遇改善事業補助金に関するQ&A(第5版)【令和4年4月15日】 [PDFファイル/163KB]

 ■厚生労働省ホームページ

  看護職員等処遇改善事業(厚生労働省)(外部サイト)

 ■本事業の対象となる医療機関

  以下のいずれかの要件を満たす医療機関
  ア 令和4年2月1日時点において、診療報酬における「救急医療管理加算」の算定対象となっており、かつ、令和2年度1年間における救急搬送件数が200 件以上であること。
  イ 令和4年2月1日時点において、三次救急を担う医療機関(救命救急センター)であること。

 ■提出書類

  1 看護職員等処遇改善事業に係る賃金改善開始の報告
    提出期限:令和4年3月31日木曜日
    提出方法:電子データもしくは紙媒体
    提出先:電子データ kango-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp
         紙媒体   〒540-8570 大阪府大阪市中央区大手前2丁目
                 大阪府 健康医療部保健医療室 医療対策課 医療人材確保グループ

  2 看護職員等処遇改善事業賃金改善計画書
    提出期限:令和4年4月20日水曜日
    提出方法:電子データ及び紙媒体
    提出先:電子データ kango-g02@gbox.pref.osaka.lg.jp
         紙媒体   〒540-8570 大阪府大阪市中央区大手前2丁目
                 大阪府 健康医療部保健医療室 医療対策課 医療人材確保グループ

問い合わせ先

【厚生労働省医政局看護職員等処遇改善事業電話相談窓口】

電話番号:03−6634−3744(受付時間:平日 9時00分から17時00分)

ご不明な点は上記の電話相談窓口にお問い合わせください。

【大阪府問い合わせ先】

大阪府健康医療部 保健医療室 医療対策課 医療人材確保グループ

540-8570 大阪市中央区大手前2丁目1−22 大阪府庁本館6階

Tel 06−6944−7542

このページの作成所属
健康医療部 保健医療室医療対策課 医療人材確保グループ

ここまで本文です。