「イノベーションファンド25」を通じた連携に関する協定を締結しました。

更新日:令和3年4月9日

 大阪府は、令和元年10月31日(木曜日)に、「関西イノベーションネットワーク投資事業有限責任組合(通称「イノベーションファンド25」)」を組成する池田泉州キャピタル株式会社及び株式会社池田泉州銀行と大阪市、大阪商工会議所、公益財団法人大阪産業局、地方独立行政法人大阪産業技術研究所の7者で、「イノベーションファンド25」を通じた連携に関する協定を結び、締結式を行いました。

 今後、7者で相互に連携することにより、大阪・関西万博のテーマに関連するビジネスの創出と、成長を支援し、大阪におけるイノベーション・エコシステムの形成による持続的経済成長を通じて、「SDGs(※1)が達成される社会」「Society5.0(※2)の実現」をめざします。  

 

【締結式出席者】

池田泉州キャピタル株式会社 代表取締役社長 石飛 光俊

株式会社池田泉州銀行 代表取締役頭取兼CEO 鵜川 淳

大阪市長 松井 一郎

大阪商工会議所 会頭 尾崎 裕

公益財団法人大阪産業局 理事長 立野 純三

地方独立行政法人大阪産業技術研究所 理事長 中許 昌美

大阪府知事 吉村 洋文

 

【主な連携事項】

〇情報発信・啓発のためのセミナー開催等

〇産業支援機関等とのネットワークを活かした支援

〇技術提携、資金支援、実証フィールドの提供など、広く支援者を呼び込むことを通じた、社会実装へ向けた成長支援

〇イノベーションファンド25に関する支援ノウハウの情報交換

協定式写真@

 協定式写真A 

※1 SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは

〇国連が2015年9月に策定した、2030年までに達成すべき国際目標

〇持続可能な社会をつくるため、発展途上国のみならず先進国も取り組むもの

〇17のゴール(目標)と169のターゲットで構成されている  

SDGs 17のゴール ロゴ

※2 Society5.0とは

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)のこと

 

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 産業化戦略グループ

ここまで本文です。