大阪・関西万博における水素利活用策/プロジェクト提案について

更新日:令和2年11月2日

2025年日本国際博覧会協会に大阪・関西万博における水素利活用策/プロジェクト提案を行いました
 

 大阪府では、大阪市とともに「H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン推進会議」(※)を運営し、水素を活用した新製品・サービスの実証実験等、プロジェクトの創出に取り組んでいます。
 SDGs(エスディジーズ)達成への貢献をめざし、「未来社会の実験場」をコンセプトとする大阪・関西万博は、水素に関する最先端の技術を披露し、将来の水素社会の姿を見せる絶好の機会であることから、このたび、本推進会議では、「2025年大阪・関西万博における水素利活用策/プロジェクト提案書」をとりまとめ、本日、公益社団法人2025年日本国際博覧会協会に提案を行いましたのでお知らせします。
 本推進会議では、提案の実現に向け、引き続き、協会や国との連携を図っていきます。

※水素・燃料電池関連分野における今後の取組の方向性を示す「H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン」の実現に向けて、事業者間の交流やアイデア創出を図る産学官プラットフォーム(平成28年8月設置)

提案概要

1.日時
   令和2年8月7日(金曜日) 午後4時30分から午後5時30分

2.提案先  
   公益社団法人2025年日本国際博覧会協会

3.提案説明者
   H2Osaka(エイチツーオオサカ)ビジョン推進会議
          会長   秋元 圭吾 (公益財団法人地球環境産業技術研究機構主席研究員)
          事務局  大阪府、大阪市

4.提案内容    
   ・CO2フリー水素の活用
   ・水素を用いたモビリティ
   ・CO2ゼロエミッションシステム
   ・革新的技術の展示等 

shasin

秋元会長(写真左)から2025年日本国際博覧会協会への提案書手交

提案書等

2025年大阪・関西万博における水素利活用策/プロジェクト提案書 [PDFファイル/2.25MB]
H2Osakaビジョン推進会議設置要綱 [Wordファイル/25KB] [PDFファイル/580KB]

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 新エネルギー産業グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > ライフサイエンス産業振興・新エネルギー産業振興 > 大阪・関西万博における水素利活用策/プロジェクト提案について