大阪府新広域道路交通ビジョン・計画

更新日:令和3年7月15日

大阪府新広域道路交通ビジョン・計画について

 平成30年3月に道路法が改正され、「重要物流道路制度」が創設されました。重要物流道路は、平常時・災害時を問わない安定的な輸送を確保するため、物流上重要な道路輸送網として国土交通大臣が指定するもので、これまで供用中区間を対象に指定されています。今後の重要物流道路の指定にあたっては、広域道路ネットワーク等を幅広く検討した上で、効果的に指定する必要があることから、国土交通省からの要請に基づき、平成6年策定の「広域道路整備基本計画」を基本として、今後概ね20から30年間の中長期的な視点から、新たな広域道路ネットワークとなる「新広域道路交通ビジョン」及び「新広域道路交通計画」を既往の行政計画を基に策定しました。なお、今後の社会情勢等の変化に柔軟に対応するため、必要に応じて見直しを行います。

大阪府新広域道路交通ビジョン(令和3年6月策定)

大阪府新広域道路交通ビジョン [PDFファイル/874KB]

大阪府新広域道路交通計画(令和3年6月策定)

大阪府新広域道路交通計画 [PDFファイル/437KB]

このページの作成所属
都市整備部 道路室道路整備課 計画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 大阪府新広域道路交通ビジョン・計画