技術職について

更新日:令和2年3月4日

職種ごとの業務内容

土木(造園分野を含む) 

大阪の成長、安全・安心、都市魅力の向上を実現するため、道路・河川・下水道・港湾・公園等の都市基盤施設の計画、整備、維持管理等の業務や将来の都市像を示す都市計画の策定、指導、都市緑化施策の推進等の業務を行います。また、地震や大雨等の際に府民の財産や生命を守るため、防災体制を敷いて様々な活動を行います。
建築定住魅力あふれる都市空間の創造や、良好な市街地の形成のため、建築・開発の指導、府営住宅等の府有施設の整備等住まいとまちに関する総合的な企画を行います。
機械府民生活に不可欠な下水道施設、洪水や高潮等の自然災害から府民を守る水門やポンプ場、府営住宅、府立学校、図書館等の公共建築物の空調設備や給排水設備等、都市基盤施設等が機能を果たすために必要な機械設備について、計画、設計、施工管理から運用、維持管理に至るまでの機械設備に関する業務を行います。
電気府民生活に不可欠な下水道施設、洪水や高潮等の自然災害から府民を守る水門やポンプ場、府営住宅、府立学校、図書館等の公共建築物の受電設備や監視設備等、都市基盤施設等が機能を果たすために必要な電気設備について、計画、設計、施工管理から運用、維持管理に至るまでの電気設備に関する業務を行います。
環境(水産分野を含む)地球温暖化対策、再生可能エネルギーの普及、リサイクルの推進、事業活動や廃棄物に関する監視・検査・規制・指導、府民や事業者の自主的な環境活動の推進、大阪湾の漁業振興等の業務を行います。
農学農業技術指導や、地産地消の推進、農業の担い手育成等に関する業務を行います。また、農業資源等を活かした地域づくりや農業の6次産業化に向けた農家支援等を行います。
農業工学食糧生産をはじめ、多面的な機能を有する農空間を保全・活用するため、農地、ため池、水路等の整備を行います。また、ため池や棚田の保全、遊休農地の解消等府民協働活動の取組みを行います。
林学みどりの有する多様な機能を発揮させるため、森林、林業の振興、山地防災や自然公園、市街地の緑化に係る施策の企画立案や保全整備に係る業務を行います。また、生物多様性の保全等自然環境全般に関する施策を企画・推進するほか、府民協働による森林整備の取組みを行います。

 

 前年度 試験実施状況

高校卒程度(対象年齢:18歳から21歳まで)

大学卒程度(対象年齢:22歳から29歳まで)

社会人等(対象年齢:30歳から34歳まで)

 

 過去の問題

高校卒程度
(対象年齢:18歳から21歳まで)
大学卒程度
(対象年齢:22歳から29歳まで)
社会人等
(対象年齢:30歳から34歳まで)
土木平成29年度平成29年度平成29年度
平成30年度平成30年度平成30年度
令和元年度令和元年度令和元年度
土木(造園分野)平成29年度平成29年度
平成30年度平成30年度
令和元年度令和元年度令和元年度
建築平成29年度平成29年度平成29年度
平成30年度平成30年度平成30年度
令和元年度令和元年度令和元年度
機械平成29年度
平成30年度平成30年度
令和元年度令和元年度
電気平成29年度平成29年度
平成30年度平成30年度
令和元年度令和元年度
環境平成29年度
平成30年度
令和元年度
農学
平成30年度
令和元年度
農業工学平成29年度
平成30年度
令和元年度
林学平成29年度
平成30年度
令和元年度

 

このページの作成所属
人事委員会事務局 人事委員会事務局任用審査課 任用グループ

ここまで本文です。