公民戦略連携デスクにようこそ!

更新日:平成30年12月10日

公民戦略連携デスクは、企業・大学のワンストップ窓口として相談などをお聞きし、適切に府庁内の各担当セクションにつなぐ(コンシェルジュ)機能と、庁内からの提案を企業・大学と調整する(コーディネート)機能を兼ね備えたデスクです。

 新着情報   

   ・平成30年11月30日 「地域における協力に関する協定」を締結しました(枚方土木事務所) 
   ・平成30年11月22日  上新電機株式会社より、子ども輝く未来基金への寄附及び乾電池を寄贈いただきました  
   ・平成30年11月16日 梅毒啓発ステッカーの掲示にご協力いただいています!(セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、Osaka Metro) 
   ・平成30年11月15日 小林製薬株式会社と包括連携協定を締結しました 

公民連携の取組み予定(12月10日から12月16日まで)

  ・平成30年11月4日から12月31日  「大阪・光の饗宴2018」を実施しています
  ・平成30年12月12日           『健康キャンパス・プロジェクト ★ 近畿大学』を実施します
  ・平成30年12月12日          ミズノ株式会社との包括連携協定を締結します
 ・平成30年12月15日         【OSAKA愛鑑(おおさかめいかん)】公民が連携し、大阪の情報を発信します!(ラジオ)
 ・平成30年12月15日         一般社団法人FC大阪による放課後子ども教室「FCサッカー教室」を開催します
  ・平成30年12月15日、16日     大阪スポーツ王国 観戦優待事業 (大阪地区トヨタ各社連携)を実施します

  ■ロゴをクリックいただくと、各種取組みページに移動します。           

大阪府チャンネルOSAKA愛鑑Well-Being OSAKA Lab
 

     【大阪府チャンネルについて】       【OSAKA愛鑑について     【Well-Being OSAKA Labについて
       

公民戦略連携デスクとは

desk

大阪府では、企業・大学との対話を通じ、「公」と「民」がwin-winの関係で連携し、府内の地域活性化や社会課題の解決に向けた取組みを進めています。詳細については、公民戦略連携デスクのパンフレットや、大阪府公民連携ガイドラインをご覧ください。


   包括連携協定について(協定・連携項目一覧)  これまでの取組み(分野別・年度別)  これまでの取組み(企業・大学別)

  大阪府公民連携ガイドライン  公民戦略連携デスクPRパンフレット  地域貢献企業バンク

 

新着情報 

平成30年11月30日 「地域における協力に関する協定」を締結しました(枚方土木事務所)

 守口市及び守口郵便局と枚方土木事務所は「地域における協力に関する協定」を締結しました。締結式には、西端市長と宮本郵便局長とともに鳥牧所長が出席しました。
 挨拶の中で所長から「職員数に限りがある中で、管内すべての道路や河川の状態を完全に把握することは困難な状況。地域や団体と連携しながら早期発見に努めることが非常に重要。日々道路を活用される郵便局員の皆さまに協力いただきながら、道路維持管理に取り組んでいきたい。」との発言がありました。
 この協定により、郵便局員の皆さまには守口市の公式アプリ(平成31年1月リリース予定)を活用して道路異状の発見・通報に協力いただきます。

<問い合わせ先: 枚方土木事務所(http://www.pref.osaka.lg.jp/hirado/)>

締結式の様子1   締結式の様子2
締結式の様子 (平成30年11月30日撮影)


平成30年11月22日 上新電機株式会社より、子ども輝く未来基金への寄附及び乾電池を寄贈いただきました

  このたび、上新電機株式会社より、子ども輝く未来基金への寄附及び乾電池10,000本(単3電池6000本・単4電池4000本)を寄贈いただき、11月22日に感謝状贈呈式を行いました。
 基金へのご寄附については、子ども食堂等における学習教材の提供や、スポーツ・文化行事等の体験活動への参加支援など、直接子どもたちに提供できるものに活用させていただきます。
 また、寄贈いただいた乾電池は、府立の福祉施設等にお渡しする予定です。
 
 ※上新電機株式会社( http://www.joshin.co.jp/joshintop/

頂いた乾電池(一部)   贈呈式の様子
感謝状贈呈式の写真



梅毒啓発ステッカーの掲示にご協力いただいています!(セブン-イレブン・ジャパン、ファミリーマート、Osaka Metro)

   大阪では梅毒感染者が急増しています。大阪府内の梅毒感染報告数は、2010年から2017年までの7年間で約15倍になっています。特に20歳代女性の増加が顕著です。
   梅毒は、早期発見・早期治療で完治できますが、感染力が高く感染していることに気づきにくいため、感染拡大の可能性が高い性感染症です。府内各保健所やchotCAST(大阪検査相談・啓発・支援センター)で検査を受けるとともに、性感染症に対する正しい知識を身につけ、早期発見・予防につなげることが重要です。
   このたび、株式会社セブン-イレブン・ジャパン、株式会社ファミリーマート及び大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)にも店内や駅構内のトイレに梅毒啓発ステッカーを貼っていただき、性感染症の啓発にご協力いただいています。(各コンビニエンスストアでの掲示は終了。)

 梅毒について(大阪府ホームページ) http://www.pref.osaka.lg.jp/chikikansen/aids/baidoku.html

baidoku  seven 
          <梅毒ステッカー見本>              <セブン−イレブン(店舗内トイレ)>

メトロ  familymart
      <Osaka Metro(駅構内トイレ)>            <ファミリーマート(店舗内トイレ)>


 平成30年11月15日 小林製薬株式会社との包括連携協定を締結しました

 小林製薬株式会社と弊府は、健康、子ども・福祉、環境、地域活性化、雇用促進、防災・防犯、府政のPRの7分野にわたる連携と協働に関する包括連携協定を締結しました。締結式には、同社の山根専務に出席いただきました。
 弊府の知事からは、「小林製薬さんの、新しいものを作り出す力をお借りしながら、大阪府が抱える社会問題の解決に向けて、多くの三方良しの連携を進めていきたい」との発言がありました。
 本協定に基づき、大阪に本社を置く企業として、歯科口腔保健など、健康づくりに関する啓発や、災害時の物品支援、子どもの貧困対策への協力など、様々な取組みにご協力いただく予定です。 

※大阪府報道発表(http://www.pref.osaka.lg.jp/hodo/index.php?site=fumin&pageId=32155
※小林製薬株式会社のニュースリリース(https://www.kobayashi.co.jp/corporate/news/2018/181116_01/index.html

式典の様子 もずやんと熱さまくん
包括連携協定締結式の様子

包括連携協定を締結した企業との取組み※各企業との取組みは、ロゴマークをクリック!

※各企業との取組みは、ロゴマークをクリック!

  

ローソン

イオン

セブンイレブン

ファミリーマート

りそな銀行

大阪信用金庫

NEXCO西日本

大塚製薬

関西ぱど

損保ジャパン

ヤマト

佐川急便

大阪地区トヨタ各社

三井住友海上

東京海上日動

いずみ市民生協

ハークスレイ

日本生命

第一生命

住友生命

不二製油

ロート製薬

グンゼ株式会社

大同生命

FC大阪

BARIKI

NTTドコモ

キリンビール・キリンビバレッジ

協和発酵キリン

あいおいニッセイ同和損保

リコージャパン株式会社小林製薬ロゴ

包括連携協定を締結した大学との取組み

※各大学との取組みは、ロゴマークをクリック!

大阪大学

関西大学近畿大学立命館大学

  

                                      


  

お知らせ

 【2025年の万博】日本、大阪・関西での開催が決定!!

誘致活動へのご支援・ご協力、誠にありがとうございました。
引き続き応援よろしくお願いします。

※2025日本万国博覧会誘致委員会ホームページ ( http://www.expo2025-osaka-japan.jp/

2025年万博開催決定


○その他の取組み

■ スーパーアドバイザーについて

■ ネーミングライツ・広告について

■ サウンディング型市場調査について

上記に限らず、さまざまなご相談を受け付けています。


公民戦略連携デスクへのご相談・ご提案について

「公民連携」を希望する事業やアイデア等のご相談・ご提案については、下記メールアドレスに、ご連絡下さい。

公民戦略連携デスクメールアドレス ⇒ 
koumin@gbox.pref.osaka.lg.jp
(メールには、ご法人名、ご担当者さまのお名前、連絡先をご明記下さい)

大阪府庁へのアクセス、連絡先は
こちらをご確認下さい。 



このページの作成所属
財務部 行政経営課 公民連携グループ

ここまで本文です。