お薬手帳の活用について

更新日:令和3年3月19日

お薬手帳を活用しましょう

 「お薬手帳」は、あなたが使っているすべての薬を記録するための手帳です。

・お薬手帳を、ひとつにまとめて持ちましょう
 医師や薬剤師などがお薬手帳からあなたの使っているすべての薬を把握できるよう、ひとつにまとめて、継続して記録するようにしましょう。

・お薬手帳を、見せましょう
 薬局では、薬剤師が手帳を見て、副作用や飲み合わせ、薬の量が適切かどうかなどをチェックします。また、薬剤師が薬の名前や飲み方を記入します。
 医療機関でも、医師が手帳を見て、他の医療機関で処方された薬などを確認します。

・お薬手帳に、書きましょう
 ご自身でも、服用後の体調変化があったときや、自分で購入した薬などを飲んだ時などに記入するようにしましょう。

お薬手帳の上手な使い方    お薬手帳を一人一冊持ちましょう

電子お薬手帳

 お薬手帳には、携帯に便利な電子版があります。

   公益社団法人日本薬剤師会の「eお薬手帳」公式ホームページ  https://www.nichiyaku.or.jp/e-okusuri/index.html(外部サイト)

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室薬務課 医薬品流通グループ

ここまで本文です。