令和元年度大阪大学共催セミナー

更新日:令和2年3月2日

(資料掲載)大阪大学共催セミナー「経済波及効果を計算する〜統計からわかる【もうけ】〜」を開催しました!

令和2年2月14日(金曜日)大阪府・大阪大学共催セミナー「経済波及効果を計算する〜統計からわかる【もうけ】〜」を開催しました。府民の皆様や大学生の方々、自治体職員を対象に、大阪府版GDP統計の仕組みや見方、最新結果の概要等について、大阪府総務部統計課よりご説明しました。また、産業連関表の基本や地方自治体から公開されているツールを用いた経済波及効果の推計方法等について、大阪大学 竹内 惠行 先生にご講義いただきました。当日は多くの方々が受講され、大変盛会となりました。

講義にて配付されました資料を公開します。是非ともご覧ください!

講義資料等

 ○講義資料

  ・ 第1部 「大阪府民経済計算(大阪府版GDP統計)について」 [PDFファイル/2.09MB]  
   報告者:大阪府総務部統計課職員

  ・ 第2部 「大阪府産業連関表の活用」 [PDFファイル/802KB]
   講師:大阪大学 大学院 経済学研究科 数理・データ科学教育研究センター COデザインセンター 准教授 竹内 惠行 氏

 ※本資料を引用される場合は、出典元を明記し、大阪府総務部統計課情報企画グループまでご連絡のうえ、ご利用ください。
   例:「大阪府産業連関表の活用(竹内惠行)」(令和2年2月14日大阪府・大阪大学共催セミナー資料)より引用

 ○セミナーの様子 

 大阪大学共催セミナー第1部の様子 大阪大学共催セミナー第2部の様子@ 大阪大学共催セミナー質疑応答の様子A  

     

セミナーに関する問い合わせ先

大阪府総務部統計課情報企画グループ
メール:tokei-g27@sbox.pref.osaka.lg.jp 電話:06-6210-9196


(終了しました)大阪大学共催セミナー「経済波及効果を計算する〜統計からわかる【もうけ】〜」を開催します!


ニュースなどでよく取り上げられる経済波及効果。実は分析をすることで身近なイベントの”もうけ”を予測することができます。
このセミナーでは、大阪府産業連関表を使った経済波及効果の算出について、活用方法や具体例を交え、わかりやすく紹介します。
また、産業連関表と関連が深い大阪府民経済計算の概要についても最新版を用いて紹介します。

統計データに興味をお持ちの社会人や学生、自治体職員の皆さまなど、どなたでもご参加いただけます!

皆さまのご参加をお待ちしております!

>>セミナーのチラシはこちら [PDFファイル/986KB]

日 時

令和2年2月14日(金曜日) 18時00分から20時00分(受付17時30分より)

内 容

・第1部 18時00分から18時30分
 「大阪府民経済計算(大阪府版GDP統計)について」
 

 報告者:大阪府総務部統計課職員

・第2部 18時30分から20時00分
 「大阪府産業連関表の活用」

 講師:竹内 惠行 氏
         大阪大学 大学院 経済学研究科
         数理・データ科学教育研究センター
         COデザインセンター 准教授

会 場

大阪大学中之島センター7階 講義室703 (大阪市北区中之島4-3-53)

 ⇒詳しいアクセス・地図は大阪大学中之島センターホームページ(外部サイト)及び上記チラシをご確認ください。

【鉄道】
・京阪中之島線「中之島駅」より徒歩約5分
・JR東西線「新福島駅」より徒歩約9分
・JR環状線「福島駅」より徒歩約12分
・阪神本線「福島駅」より徒歩約9分
・Osaka Metro四ツ橋線「肥後橋駅」より徒歩約10分
【バス】
・大阪市バス(53系統)「中之島四丁目」(旧玉江橋)より徒歩約1分
・大阪市バス(75系統)「田蓑橋」より徒歩約1分
【タクシー】
・JR「大阪駅」より約10分
近隣施設や建物に中之島センタービル等類似した建物名称がございますので、
「大阪市立科学館 北側の大阪大学中之島センター」とお伝えください。
※ 駐車場のご用意はありません。電車などの公共交通機関をご利用ください。

対 象

どなたでもご参加いただけます。

定 員

70名(先着順)

参加費

無料

申込み

申込フォーム(外部サイト)にて必要事項を記入の上、お申込みください。(電話・メールでの申込はご遠慮ください)

※受講にあたり配慮を希望される場合、申込フォームの備考に記載いただくか、統計課情報企画グループにお問合せください。

主 催

大阪府・大阪大学

セミナーに関する問い合わせ先

大阪府 総務部 統計課 情報企画グループ  
電話 06-6210-9196

このページの作成所属
総務部 統計課 情報企画グループ

ここまで本文です。


ホーム > 大学との連携に係る取組みについて > 令和元年度大阪大学共催セミナー