積極的な情報発信 FM放送で伝える商店街の魅力〈モデル創出事業〉

更新日:2022年12月28日

LINE

2022.12.28 北助松商店街振興組合 泉大津市・高石市
LINE

 南海本線北助松駅から東へ約600mの北助松商店街では、若い世代にも商店街の魅力を知ってもらおうと、FMいずみおおつで、「来て来て♪聴いて♪北助松商店街」というコーナを企画し、同商店街に加盟する店舗の紹介などを行っています。
 番組は7月からスタートし、第三水曜日の15時から約1時間放送されています。スマートフォンやパソコンをとおして、日本全国はもとより海外からも聴くことができます。

 同商店街では元々FMいずみおおつを街内放送で流しており親しみがあったこと、また、同商店街が企画する売出しイベントに参加しにくい業種・業態の加盟店(クリニックや福祉サービス等)でも参加できるPRの機会として、商店街の提供で番組を作ることになりました。
 北助松商店街振興組合の松尾美砂子理事長自ら取材に赴き、第1回目の番組では、内科クリニックのドクターに出演してもらい「感染症と肥満」というトークテーマで放送をしました。2回目以降は放送回ごとに加盟店2〜3店舗を紹介し、郵便局の紹介では放送時に行われていた泉大津市制80周年記念イベントのスタンプラリーについて放送、デイサービス施設の紹介では「元気になる」「ご飯がおいしい」といった利用者の声を届け、PRする店舗に合わせて放送内容を変えるなど、毎回楽しい番組になっています。

 放送が始まってから商店街のお客さまや近隣住民から「『聴いたよ』という声をちらほらいただきます」と松尾理事長はおっしゃられました。
 
ホームページやLINE公式アカウントで告知をしながら、今後も継続して放送される予定とのことです。

 

北助松商店街と周辺エリアの魅力を伝える取組みについてはこちら

北助松商店街のHPはこちら(外部サイトを別ウインドウで開きます)

わいわいフェスタの様子
わいわいフェスタの様子               

フッター

このページの作成所属
商工労働部 中小企業支援室商業・サービス産業課 商業振興グループ

ここまで本文です。


ホーム > みんなで守ろう。おおさか > 積極的な情報発信 FM放送で伝える商店街の魅力〈モデル創出事業〉