新型コロナウイルス感染症軽症者・無症状者の宿泊療養施設について

更新日:2023年5月8日

宿泊療養施設について

新型コロナウイルス感染症の陽性者となられた方のうち、「入院治療の必要がない軽症者・無症状者」の方がご利用いただける、無料の宿泊療養施設を大阪府が運営しております。

≪宿泊療養施設の運用終了について≫
  令和5年5月8日(月曜日)に、新型コロナの感染症法上の位置付けが、5類に移行されたことに伴い、
  大阪府が開設していた宿泊療養施設は、5月7日(日曜日)をもってすべて終了いたしました。


宿泊療養の特徴

 スペース

療養中の過ごし方(例)

・1日3〜4回(朝・昼・夕・寝る前)を目安に検温や血中酸素飽和度(SpO2)測定等、セルフチェックを行っていただきます。また、1日2回、看護師による健康観察があります。
体調に変化がある場合(特に発熱の場合は)夜間でも、看護師までお電話ください。
・お食事はお弁当を1日3食(朝・昼・夕)ご用意しており、指定の場所まで受け取りに来ていただきます。

スペース

・療養中の健康観察や施設での過ごし方についての注意事項等を動画でご案内しております。

動画はこちら(外部サイト)

入所までの流れ

入所までの流れスペース
   

・入所から退所までを紹介している宿泊療養の案内動画をご覧いただくことができます。

動画はこちら(外部サイト)                                  

各ホテルのしおりと持ち物について

入所される際に持参していただきたい持ち物をまとめております。事前にご確認ください。

宿泊療養施設のしおりと持ち物について

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室災害対策課 事業調整グループ

ここまで本文です。


ホーム > 新型コロナウイルス感染症軽症者・無症状者の宿泊療養施設について