令和6年能登半島地震における被災地支援について

更新日:2024年3月4日

1.被災者のみなさまへ

●被災者の受け入れについて
   ・府営住宅及び民間賃貸住宅における被災者の受け入れ
     被災された方々に住宅の提供を行います。  詳しくはこちら 
   ・その他市町等による受け入れ
    (1)大阪市営住宅  詳しくはこちら(外部サイト)
    (2)堺市営住宅  詳しくはこちら(外部サイト)
    (3)上記以外の他市町営住宅 詳しくはこちら
      (4)大阪府住宅供給公社住宅 詳しくはこちら(外部サイト)
    (5)大阪市住まい公社住宅 詳しくはこちら(外部サイト)
    (6)UR賃貸住宅 詳しくはこちら(外部サイト)

●教育について
     ・被災した児童生徒等の相談窓口  詳しくはこちら

●福祉相談窓口について
   ・府へ避難を希望する方やご親族の方等からの相談窓口 詳しくはこちら

●医療相談窓口について
   ・被災した方の医療に関する相談窓口 詳しくはこちら

●石川県外に避難されている方の情報登録(石川県)
  ・石川県では、り災証明書発行手続きのご案内など、関係自治体からの支援・情報提供のため、連絡先などの情報の登録をお願いしています。 
   詳しくはこちら(外部サイト)

2.府民のみなさまへ

●義援金の募集について
    大阪府では、令和6年能登半島地震により被害を受けられた被災地を支援するため、「令和6年能登半島地震 大阪府義援金」を募集します。
    皆さまの温かいご支援をよろしくお願いいたします。(2月28日時点 総額 188,428,290 円)

  詳しくはこちら

●石川県の災害ボランティア活動について
  石川県では、県内の災害ボランティア情報を一括して発信するための特設サイトを開設しています。
  詳しくはこちら(外部サイト)

●炊き出し支援をご検討している皆さまへ
  以下の市町では、炊き出し支援の申し込み窓口を設置しています。
     ・輪島市 詳しくはこちら(外部サイト)
   ・珠洲市 詳しくはこちら(外部サイト)
   ・七尾市 詳しくはこちら(外部サイト)
   ・穴水町 詳しくはこちら(外部サイト)
 
●商工・労働相談窓口について
  令和6年能登半島地震により影響を受ける中小企業等や労働者の方に関する相談窓口 
  詳しくはこちら

3.被災地への支援状況

(3月3日時点)
(1)人的支援(石川県への支援)
    ●緊急消防援助隊:引揚げ(2月21日) (ピーク時212名)

    ●医療・福祉人材の支援:(医療人材全体で延べ約2,400名派遣※輪島市への支援含む)
      ・DHEAT(医師1名、保健師2名、ロジ担2名/班)  延べ約220名を派遣
      ※1月24日に一旦派遣終了、2月7日から再派遣
      ・公衆衛生(保健師等)チーム(保健師2から3名、ロジ担1から2名/チーム)  延べ約1,270名を派遣
      (大阪市、堺市、東大阪市、高槻市、寝屋川市、豊中市、八尾市、吹田市、枚方市を含む)
      ・DMAT(医師1から2名、看護師1から2名、業務調整員1から3名/チーム)  延べ約810名を派遣 
      ・DPAT(医師1名、看護師1から2名、業務調整員1から2名/班)  延べ約100名を派遣
      ・DWAT(災害派遣福祉チーム)の派遣(3月1日までに24名派遣)
     ・介護職員等の派遣(2月15日までに100名派遣) 
    
  ●応急仮設住宅建設支援:2月26日から3月10日  建築職1名、電気職1名、機械職1名の3名を派遣   
  
   ●動物愛護管理業務の支援:3月1日から3月7日/3月11日から3月17日 獣医師職各1名を派遣

(2)物的支援(石川県への支援)
   ●物的支援:石川県七尾市、羽咋(はくい)市に配送
              食料(10万8千食)、ペットボトル飲料水(5万本)、毛布(1万2千枚)、おむつ大人用(1万枚)、おむつ子供用(7千枚)、
              生理用品(約5万4千個)、ブルーシート(2千枚)など

   ●給水支援:現在4台が活動中
      ・これまでに大阪市、堺市、岸和田市、豊中市、池田市、吹田市、泉大津市、高槻市、貝塚市、守口市、枚方市、茨木市、
     八尾市、泉佐野市、富田林市、寝屋川市、河内長野市、松原市、大東市、和泉市、柏原市、羽曳野市、門真市、摂津市、
     高石市、東大阪市、交野市、大阪広域水道企業団が支援

(3)府営住宅・マンスリー物件の無償提供
    ●令和6年1月9日から被災者受入れを開始
       ・提供住宅:府営住宅 当面100戸 (17戸入居)
            ※別途 大阪市、堺市、門真市、東大阪市、松原市、岸和田市、豊中市、茨木市、富田林市、
                                       守口市、貝塚市、高槻市、寝屋川市、和泉市、八尾市、大東市、吹田市の公営住宅183戸で受入
                           民間賃貸住宅(マンスリー物件)100戸(府市共同事業) (2戸入居)
      ・自力で来阪が困難な方の移動を支援

(4)福祉相談窓口の設置
    ●令和6年1月15日から大阪府に避難を希望する方の福祉相談窓口の設置
      ・府に避難した場合の福祉サービス等(介護施設入所や居宅での介護サービス等)に関する相談を受付け

(5)庁内各部局及び関係団体による支援の詳細はこちら
     ・健康医療部(医療関係団体含む)
     ・福祉部(大阪DWAT)

救命救急

  物資搬送  

(救命活動、物資搬送)

4.輪島市への支援状況

1月4日 府、大阪市、堺市、徳島県と共同で輪島市をカウンターパート支援することが決定

(3月3日時点)
(1)人的支援
   ●避難所運営などを支援するための職員を派遣
      ・活動内容:現地リエゾン、避難所運営支援
      ・大阪府・大阪市・堺市・府内市町村を併せて1か月で延べ約1,600名派遣
         ※1月5日 輪島市にリエゾン派遣開始           
        ※2月25日 輪島市へ避難所運営などを支援するため職員派遣 18人 2月25日から3月3日
            (大阪府、岸和田市、泉佐野市、富田林市、松原市、羽曳野市)
      ※2月27日 輪島市へ避難所運営などを支援するため職員派遣 18人 2月27日から3月5日
            (大阪府、八尾市、箕面市、柏原市、藤井寺市、大阪狭山市、豊能町)
      ※3月2日 輪島市へ避難所運営などを支援するため職員派遣 18人 3月2日から3月9日
            (大阪府、茨木市、河内長野市、和泉市、東大阪市、田尻町)


      ●医療人材の派遣:(医療人材全体で延べ約480名を派遣)
     ・公衆衛生(保健師等)チームを避難所へ派遣 延べ約420名を派遣
      (東大阪市、高槻市、寝屋川市、豊中市、八尾市、吹田市、枚方市を含む)
     ・DMATロジチームを輪島市保健医療調整本部へ派遣 延べ5名を派遣
     ・DPATを輪島市DPAT指揮所へ派遣 延べ約50名を派遣


(2)物的支援
    ●現地のニーズに沿った物資の支援
       ・府内市町村や団体等からの支援を集約し輪島市に配送
       ・支援物資:(1月14日) 手指消毒液(500ml 940本)、ボディシート(15,000枚)、洗面セット(タオル)(500枚)、 
           ウエットティッシュ(7,680枚)、下着肌着(男性用300枚、女性用700枚)、フロア用クッションマット、
          牛乳(200ml)(6,048本)、哺乳瓶(60本)、歯ブラシ(2,000本)、マスク(36,000枚)

          (1月27日) 紙コップ(18,570個)、食器(紙皿・紙ボウル・プラお椀)(1,362枚)、割り箸(約30,000膳)、
          ウエットティッシュ(146,080枚)、ラップ類(2,713個)、下着肌着(男性:1,686着、女性:2,140着)、
                          靴下(9,642足)、おむつ(子ども用1,056枚、大人用216枚)、おむつ(子ども用1,056枚、大人用216枚)、
                          防寒着(ジャンパー)(198着)、タオル(8,240枚)、食品(おぼろ昆布・昆布・ちりめん山椒・リゾット)(約12,200食)、
                          牛乳(200ml)(3,024本)、お菓子(504缶)、歯ブラシ類(6,400個)、消毒液(24本)、テント(50張)、ごみ袋(9,600枚)
    ※ご支援いただいた企業・団体様(一般社団法人大阪府歯科医師会、岩谷マテリアル株式会社、宇都宮製作株式会社、
      大阪広域生コンクリート協同組合、大阪船場繊維卸商団地協同組合、大阪タオル工業組合、小倉屋株式会社(戎橋をぐら屋)、
      株式会社小倉屋山本、株式会社コムラ製作所、川本産業株式会社、協同組合新大阪センイシティー、合同会社USJ、
      サラヤ株式会社、日本酪農協同株式会社、三井化学株式会社)
      支援企業・団体様からの支援物資詳細はこちら [Excelファイル/11KB]  [PDFファイル/231KB]
      (公表のご了承をいただいた企業・団体様から順次掲載しています。)

(3)その他支援
   ●キッチンカーあったかい食事支援隊の派遣
     ・1月16日から2月2日まで、民間事業者と連携しキッチンカー最大4台、小型バン1台派遣、無償で食事を提供
     ・温かい食事(牛丼、煮魚、豚の生姜焼き等)、約2万4千食を18日間提供
     ・支援先:石川県輪島市(輪島中学校、門前公民館、輪島高校など計8ヶ所)
     詳しくはこちら

避難所 物資輸送トラック キッチンカー

(避難所、物資輸送トラック、キッチンカーの写真)

5.大阪府の体制

●1月1日 災害等支援対策室 設置
●1月4日 災害等支援対策指令部 設置
●1月9日 災害等支援対策本部 設置

過去の支援状況 [Excelファイル/36KB]  [PDFファイル/209KB]

6.リンク集

●被災地情報へのリンク
 ・ 石川県公式ホームページ(外部サイト)
       石川県 令和6年(2024年)能登半島地震に関する情報(外部サイト)

 ・ 新潟県公式ホームページ(外部サイト)
       新潟県令和6年能登半島地震に関する情報(被害状況・お問合せ先)(外部サイト)

 ・ 富山県公式ホームページ(外部サイト)
       令和6年能登半島地震に係る富山県内の情報(外部サイト)

  ・ 福井県公式ホームページ(外部サイト)
     【令和6年能登半島地震】福井県内の状況(外部サイト)

このページの作成所属
政策企画部 危機管理室災害対策課 危機管理・国民保護グループ

ここまで本文です。


ホーム > 令和6年能登半島地震における被災地支援について