令和3年度 箕面森町地区センター施設用地(保留地)売払いについて

更新日:令和3年11月17日

現在の申込状況(令和3年11月16日時点)

令和3年11月16日現在 売買契約締結済み です。

 

趣旨

  対象の用地は、計画人口6000人、計画世帯数1800世帯、施行面積が313haの「北部大阪都市計画事業水と緑の健康都市特定土地区画整理事業(箕面森町事業)」の保留地です。
 当該用地は箕面森町事業において、まちの居住を支えるための生活利便施設を誘致するゾーンとして位置づけられ、都市計画の用途地域において近隣商業地域に、地区計画において「生活利便施設の立地を図り、本地区の中心に相応しい快適な市街地環境を形成する」区域と定められ、平成19年のまちびらき以来、貸出用地として、箕面森町や周辺の居住地区と千里中央行きの路線バスとを結ぶ結節点として、パーク&ライド、サイクル&ライド機能を有した駐車・駐輪場として土地利用がなされています。

 この土地利用については、森町住民や周辺住民の生活基盤の一つとしてすでに定着しており、このことから、当該用地に対する地域ニーズでは「駐車場機能等を残しつつも、住民の生活利便施設の立地を望む」といったものが多くある状態です。

 この度、上記の都市計画の内容、現在の土地利用状況、地域ニーズ等を踏まえて、10年間の買戻し特約を付し、「自動車・自転車・バイクが利用できる時間貸し駐車場の立地を即す」画地、かつ「生活利便施設の立地を即す」画地として販売しています。

  • 土地区画整理事業について
     土地区画整理事業とは、地権者からその権利分に応じて土地を提供してもらい、その土地を集約して道路等の公共用地に充てるほか、その一部を保留地として売却し、事業資金の一部に充てる事業のことです。
  • 契約の締結にあたって
     この保留地売払では、購入者は、土地売買契約の契約締結後も計画に沿った開発及び建築物の建築等を行う必要があります。土地利用条件に適合された建築物の建築等を行わなければなりません。

地区センター施設用地の写真 駐車場内の写真


物件について

物件一覧

街区番号

画地番号

I - 74 - 1

2−1及び2−2

所在(地番):箕面市森町中一丁目1番3及び1番5
住居表示:建物が既成した段階で建物所有者の申請により正式に附番されます。(箕面市市民部窓口課にて指定)

用途地域:近隣商業地域(建ぺい率:80%・容積率:300%)
その他:第五種高度地区、都市景観形成基準の適用有り、地区計画(高さ制限16m)

 

売払い条件等

売払いにあたっては、以下の土地利用条件があります。

○自転車・自動車・バイクが利用できる時間貸し駐車場
 ・自動車用スペース: 120台以上
 ・自動二輪原動機付自転車用スペース: 35台以上
 ・自転車用スペース: 100台以上
 (上記の施設の一部を定期利用するのは可能)
 南西側の市道止々呂美東西線からの車両の出入は不可

○箕面森町等住民の生活利便の向上に直接資する施設「生活利便施設」
(住宅、共同住宅、事務所、倉庫資材置き場などは、
住民の生活利便性の向上に直接寄与しないことから不可となります)

※10年間に限り、上記の条件を付しています。
※上記の用途条件(譲渡条件)を満たせば、他の施設の併設も可能です。
(なお、都市計画法、建築基準法をはじめとする関係法令・条例による制約がありますのでご注意ください。)

 


 【お問合せ先】

大阪都市計画局 拠点開発室
戦略拠点開発課 箕面森町グループ
電話番号:072-722-9997

このページの作成所属
大阪都市計画局 拠点開発室戦略拠点開発課 箕面森町グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > 住まい > 箕面森町グループ(旧箕面整備事務所) > 令和3年度 箕面森町地区センター施設用地(保留地)売払いについて