障がいのある生徒に対する配慮事項

更新日:2022年1月11日

障がいのある生徒に対する配慮

 

学力検査を受験するにあたって、障がい等の状況により、配慮を受けることができます。
主な配慮内容は、以下のとおりです。
配慮を希望する場合は、現在在籍している中学校(卒業している人は出身中学校)に相談してください。
必要な手続きは、中学校を通じて行います。

 

○ 学力検査時間の延長

○ 代筆解答

○ 介助者の配置

〇 問題用紙等の変更(点字や拡大等)

○ 英語リスニングテストの筆答テストによる代替

○ 別室

○ 物品の持込み

○ 個人面接

○ 座席の変更

○ 補聴器等の使用

 

このページの作成所属
教育庁 教育振興室高等学校課 学事グル−プ

ここまで本文です。


ホーム > 教育・学校・青少年 > 公立高等学校 > 公立高等学校入学者選抜 > 障がいのある生徒に対する配慮事項