令和4年度 依存症相談対応・基礎研修(A-1)

更新日:2022年7月12日

令和4年度 依存症相談対応・基礎研修(A-1)  

受講対象

・保健所職員

・精神科医療機関職員

・市町村職員(生活保護・生活困窮者支援・障がい福祉・保健の担当課等)

・相談支援事業所職員

・その他相談支援に携わる関係機関職員

上記のうち、政令市(大阪市・堺市)を除く、大阪府内で勤務している職員

・大阪市こころの健康センター・大阪市各区保健福祉センター・堺市こころの健康センター・堺市保健センター職員

 依存症は、本人や家族等が依存症であるという認識を持ちにくく、多重債務や生活困窮などの問題が依存症の影響であると気付かず、依存症の相談につながらないことも多いと言われています。
 そこで、借金問題の背後に隠れているギャンブル等依存症への理解を深め、借金問題への対応について学ぶことにより、依存症の本人や家族等への支援に役立てていただくため研修を行います。

◆日時 令和4年29日(曜日) 午後時から午後時まで
      (受付:午後1時30分から)

◆方法 対面及びオンライン(ZOOMによるリアルタイム配信)研修
      ※オンライン研修を受講の方は、研修当日までに、ZOOMで使用できるマイクとカメラを必ずご準備ください。

◆場所 新大阪丸ビル別館 4階4ー3号室
      (大阪市東淀川区東中島1—18—22)

◆内容 テーマ「ギャンブル等依存症の相談対応について」

    講義1「ギャンブル等依存症の理解と対応について」
       講師:島根県立心と体の相談センター 所長 小原 圭司 氏

    講義2「借金問題への対応について」
       講師:大阪いちょうの会 司法書士 新川 眞一 氏

 案内チラシ [PDFファイル/342KB]

◆定員 120名(対面:70名、オンライン:50名、申込先着順)

◆受講料 無料
        (オンライン研修については、インターネット通信費は各自でご負担ください。)

 

申込方法

(申込みフォーム)
https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input?tetudukiId=2022070019

  締切 : 令和4年8月12日(金曜日) 午後5時まで

  ※同じ所属から複数名参加される場合も一人ずつお申込みください。
  ※申込みフォームで申込みができない場合は、下記担当者までお問い合わせください。
  ※定員に達した場合は、締め切り前に受付終了とする場合があります。
  ※キャンセルをされる場合は、必ず事前にご連絡ください。

 研修1週間前までに、研修の申込みをされた方にメールで受講決定通知をお送りしますので、必ずご確認ください。

    

問合せ先

大阪府こころの健康総合センター 相談支援・依存症対策課 担当:池田・石井

電話:06−6691−2818  FAX:06−6691−2814

E-mail: kenkosogo-g25@sbox.pref.osaka.lg.jp

                                                                                                                                                                                                                          

このページの作成所属
健康医療部 こころの健康総合センター 相談支援・依存症対策課

ここまで本文です。


ホーム > 健康・医療 > 医療・医療費 > 依存症対策研修 > 令和4年度 依存症相談対応・基礎研修(A-1)