令和3年(2021年)7月

更新日:2022年5月12日

 7月26日(月曜日)中之島 温度計付き時計「地球の体温計」お披露目会・点灯式

参加者と記念撮影をする知事

 
中之島 温度計付き時計「地球の体温計」のお披露目会・点灯式に知事が出席しました。
式典では、デザインを手がけた安藤忠雄氏のコンセプトの説明、寄付を受けた松井大阪市長のあいさつに続き、知事から「中之島エリアには、みどり豊かな環境の中に、この地球の体温計や昨年開館したこども本の森 中之島をはじめ、民間の皆さまから寄贈いただいた施設などが集積し、水都大阪の代表的な景観を成している。中之島一帯を世界に負けない水辺空間にしていきたい」と祝辞を述べました。
(担当:魅力づくり推進課)
    

7月16日(金曜日) 「株式会社ダスキンと大阪府との包括連携協定」締結式

株式会社ダスキン山村代表取締役社長執行役員、知事、ダス犬、もずやん

 

大阪府と株式会社ダスキンは、包括連携協定を締結し、締結式に同社の山村代表取締役社長執行役員と知事が出席しました。この協定により、健康、子ども・福祉、地域活性化など、7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。
知事は、「クリーンサービス事業を中心に、ミスタードーナツをはじめとするフード事業など、幅広く事業を展開されるダスキンさんの広範なネットワークを通じて、新型コロナウイルス感染症対策など、幅広い層に向けた周知啓発に連携して取り組めることを非常に嬉しく思う。今後もさまざまな分野で、大阪が元気を取り戻せるよう、ダスキンさんと一緒になって進めて行きたい」と述べました。
(担当:行政経営課)
    


7月14日(水曜日) 燃料電池バス導入促進事業費補助金へのご寄付に対する感謝状贈呈式

株式会社三菱UFJ銀行大阪公務部 玉置部長、株式会社三菱UFJ銀行 谷口副頭取、知事

 

大阪府では、大阪における水素の利活用を促進し、もって府内の産業振興に資することを目的に、府内に燃料電池バスを導入する事業者を支援する燃料電池バス導入促進事業費補助金を創設しました。
このたび、株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループから、本補助金に多額のご寄付をいただいたことに対して、感謝状を贈呈しました。
知事は感謝の意を表すとともに、「府ではカーボンニュートラルの実現に向けた取り組みを進めており、水素の利活用も重要な取り組みの一つ。いただいた寄付は、府内で初となる水素を燃料とする燃料電池バスの導入に大切に活用させていただき、水素の利活用拡大につなげていく」と述べました。
(担当:成長産業振興室産業創造課)
    

7月13日(火曜日) 大阪マラソン組織委員会および記者会見

大阪マラソン組織委員会の松本社長、尾縣副会長と知事

大阪マラソン組織委員会(第33回)に、顧問として知事が出席しました。同委員会では、今年まで滋賀県で開催されてきた「びわ湖毎日マラソン」を「大阪マラソン」に統合し、令和4年2月27日(日曜日)に「第10回大阪マラソン・第77回びわ湖毎日マラソン統合大会」として開催することなどを決定しました。
引き続き行われた記者会見で、知事は「びわ湖毎日マラソンの持つ競技性、スピードと、大阪マラソンの持つ楽しさ、わくわく感が一体となった素晴らしい大会をめざしていきたい」と述べました。
(担当:文化・スポーツ室スポーツ振興課)

7月12日(月曜日) 令和3年度北陸新幹線早期全線開業実現大阪大会

あいさつする知事

 

北陸新幹線の1日も早い全線開業をめざし、自治体、経済団体が一致団結したオール大阪の官民による「令和3年度北陸新幹線早期全線開業実現大阪大会」を関係団体とともに開催しました。
主催者あいさつにおいて知事は、「北陸新幹線は、大阪まで全線開業することで初めて広域交通ネットワークとしての機能、効果を最大限発揮する。敦賀・新大阪間の令和5年度当初着工という目標実現のためには、環境アセスメント手続きを着実に進め、着工5条件の早期解決が必要。オール大阪で北陸新幹線の一日も早い全線開業を実現したい」と述べました。
(担当:鉄道推進課)
    

7月11日(日曜日) 全国知事会  第25回新型コロナウイルス緊急対策本部(Web会議)

※写真の掲載はありません

全国知事会新型コロナウイルス緊急対策本部(第25回)のWeb会議に出席しました。
まん延防止等重点措置の延長に伴う緊急提言について知事は、「府内でワクチン接種の新規予約の停止や大規模接種会場の中止・閉鎖、体制の縮小が発生している。国には、ワクチンの安定的な供給、大都市部への供給をしっかりやっていただきたい」と述べました。
(担当:地域主権課)
    

 7月7日(水曜日) 「エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社と大阪府との包括連携協定」締結式

エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 荒木代表取締役社長、知事、もずやん

 
大阪府とエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社は、包括連携協定を締結し、締結式には知事と同社の荒木代表取締役社長が出席しました。この協定により、子ども・教育、地域活性化、環境など、7分野にわたる連携・協働を今後一層深化させるとともに、府民サービスの向上を図ります。
知事は、「大阪府が百貨店事業を持つ企業と包括連携協定を締結するのは初めてであり、阪急阪神百貨店はじめ、阪急オアシス、イズミヤなど幅広く展開されているエイチ・ツー・オー リテイリングさんと協定を結べることは心強い。阪急うめだ本店のイベントでは、子どもたちへの支援として、子どもたちがもずやんと一緒に「大切な海のためにできること」を考える特別プログラムを実施いただく予定。また、「大阪カレーもん」など、大阪産(もん)を活用した地域ブランド認定品の販売・プロモーション支援もいただいている。引き続き、大阪の元気を取り戻せるようさまざまな取り組みを進めていきたい」と述べました。
(担当:行政経営課)
    

このページの作成所属
府民文化部 府政情報室広報広聴課 広報グループ

ここまで本文です。


ホーム > 知事の動き > 令和3年(2021年)7月