りんくう公園

更新日:令和3年9月1日

どうして、りんくう公園っていうの?

 日本の国際空港としては初めて本格的に24時間運用可能となった関西国際空港が1994年(平成6年)9月4日に開港し、その対岸に「空を臨む町」という意味をもつりんくうタウンが誕生しました。りんくう(臨空)とは空港の近くにあることを意味し、その地名から「りんくう公園」という名前になりました。

公園の管理

 りんくう公園は、指定管理者制度に基づき、平成30年4月1日から平成35年3月31日までの期間を、次の指定管理者が管理しています。

    指定管理者の住所及び名称 :  大阪府大阪市浪速区湊町2−1−57     ハートフルりんくう

 指定管理者制度の概要等は、指定管理者制度のページでご覧いただけます。

公園施設のご利用案内

■主要施設

 夕日の見える丘、内海、花街道、四季の泉、総合休憩所、萩の休憩所

出入口の車止め一部取り外し

  府営公園の出入口には、園内にバイクや車の進入を防ぎ、来園者の安全を確保するための車止めを設置しています。
 一方で、車いすやベビーカー、チャイルドシート付き自転車などを利用する方々には、車止めがあることで出入りしづらい状況になっているため、誰もが快適に府営公園をご利用いただけるよう、りんくう公園において、令和2年7月1日から出入口の車止めの一部を日中に取り外す社会実験を実施してきました。
 社会実験の結果、大きなトラブルはなかったため、令和3年7月1日から、下記実施場所での車止めの一部取り外しを通年で運用します。
 なお、バイクによる暴走行為など来園者に危険が及ぶ事象が生じた場合、公園管理者の判断により一時中止させていただくことがありますので、皆様のご協力をお願いします。

1.実施場所
  シンボル緑地多目的広場海側の西側出入口

2.実施方法
  午前10時から午後4時までは、車止めを一部取り外します。

 ※年末年始(12月29日から1月3日)を除く
 ※時間は目安になります。多少前後する場合がございますこと、ご了承ください。

車止めを一部外している場所

車止めを

バリアフリー化のための出入口一部試験開放(2箇所目)

 りんくう公園では、昨年度に引き続き、公園出入口の試験開放を行います。
今回の実施期間等は下記のとおりです。みなさまのご理解・ご協力をお願いいたします。

※公園内へのバイクや車の乗り入れは禁止です。

1.実施期間 
  令和3年9月1日(水曜日)から令和4年8月31日(水曜日)まで
   午前10時から午後4時まで

 ※年末年始(12月29日から1月3日)は除きます。
 ※やむをえず社会実験を中止する場合がございますので、ご了承ください。

2.実施場所
    シンボル緑地 第2駐車場海側出入口

3.実施方法
  実施期間中は、車止めの一部を取り外す。

 りんくう公園出入口開放箇所

出入口開放方法


 

公園の最新情報等のご案内

  りんくう公園の最新情報、公園案内、施設案内等を指定管理者のホームページでご覧いただけます。りんくう公園のホームページは、こちらです。(外部サイト)

 問合わせ先

  • 公園施設の利用・管理については、公園管理事務所へ
    住所は、大阪府泉佐野市りんくう往来北1−271
    電話番号は、072−469−7717です。

  • 公園内の工事ほかについては、大阪府岸和田土木事務所都市みどり課へ
    住所は、大阪府岸和田市野田町3丁目13番2号
    電話番号は、072−439−3601です。

公園への交通アクセス
 電車

  • 南海空港線「りんくうタウン駅」から北西へ300m 
  • JR関西空港線「りんくうタウン駅」から北西へ300m

 車(駐車場に限りがありますので、公共交通機関をご利用ください。)

  • 府道63号 泉佐野岩出線「臨海南4号」交差点を北西進、すぐに駐車場着
  • 「りんくう駅前南」交差点を北西進、すぐに駐車場着

 

 

このページの作成所属
都市整備部 岸和田土木事務所 都市みどり課

ここまで本文です。