底質浄化対策

更新日:平成30年10月23日

河川底質浄化対策

河川室 > 浄化

河川底質浄化対策
 大阪府都市整備部では、ダイオキシン類により汚染された河川の底質浄化事業を行っています。
 ダイオキシン類対策特別措置法に基づく常時監視により底質の環境基準値超過が発見された河川について、汚染範囲調査を行い、浚渫除去等により対策を行っています。
 浄化事業は、学識経験者で構成する「大阪府河川及び港湾の底質浄化審議会」の意見を聴きながら進めています。

ダイオキシン類について

■ダイオキシン類とは

■ダイオキシン類対策特別措置法等の概要

現在の調査・対策等

■ダイオキシン類の環境濃度調査結果

■大阪府河川及び港湾の底質浄化審議会

■河川・港湾工事に係る環境対策マニュアル(案)(平成16年2月) [PDFファイル/5.37MB]

過去の調査・対策等

■汚染範囲調査結果

■対策状況

■河川及び港湾の底質浄化対策検討委員会


問合せ
  大阪府都市整備部河川室河川環境課環境整備グループ
  Tel:06-6941-0351(内線2951) 06-6944-9306(ダイヤルイン)
  E-mail:
kasen-g26@sbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川環境課 環境整備グループ

ここまで本文です。