小規模貯水槽水道パンフレット概要説明

更新日:令和元年11月8日

【概要】
  
小規模貯水槽水道の管理について書かれたパンフレットです。

【小規模貯水槽水道について】
 小規模貯水槽水道とは、水道局からの水を受水槽に受けて給水する水道のうち、受水槽の有効容量*が
 10立方メートル以下のものをい
います。

 *有効容量
  受水槽のボールタップ、電極等によって設定された適正に利用できる容量であり、総容量とは異なります。

【管理について】
 
設置者・管理者が自らの責任で行わなければなりません。
 適正な管理のために、次に記すことが、大阪府小規模貯水槽水道衛生管理指導要領に規定されています。

  ・ 受水槽や高置水槽の清掃(毎年1回以上)、定期検査の受検
  ・ 日常的な施設の点検、水質検査 
  ・ 給水停止及び関係者への周知


【汚染が分かった時の対応について】
 
給水する水が人の健康を害することが分かった時は、ただちに給水を停止し、利用者にその旨を知らせるとともに、
 すみやかに、近くの保健所へ連絡し、指示を受けてください。

 

このページの作成所属
健康医療部 生活衛生室環境衛生課 水道グループ

ここまで本文です。


ホーム > くらし・住まい・まちづくり > くらし > 飲料水の安全確保のために > 小規模貯水槽水道パンフレット概要説明