人権学習シリーズ あたりまえの根っこ 知ることでつくるゆたかな関係/2.統計ラインアップ

更新日:平成28年2月15日

「知ることでつくるゆたかな関係」(めやす90分)

2.統計ラインアップ

詳細な手順

ポイント

(25分)
説明と設営3分、クイズ実施15分、グループわけと感想7分


●「0%」「10%」…「90%」「100%」と書いた紙を貼ったイスを、1列に並べる。

統計ラインアップ
★ウォーミングアップに、数字のクイズをします。今から、2010年(平成22年)に大阪府が行った「人権問題に関する府民意識調査」の結果について、予想した数字のところに移動してみてください。テストではありませんので、気楽にやっていただいてけっこうです。

●ワークシート1の問題を読み上げ、参加者が移動してから結果を紹介する。

●すべての問いが終わった後に、ワークシート1を1人1枚配付する。




• イスの数に余裕がなければ、机や壁に紙を貼る、板書する、などでもよい。
パーセンテージを書いた紙を貼ったイスを一列に並べている

• 時間があれば、すぐに結果を紹介するのでなく、なぜその数字を予想したかをインタビューしながら進めてもよい。

グループに分かれて感想の共有
★では、4人程度のグループに分かれて、やってみた感想を話し合ってみてください。意外だった数字はあるでしょうか。
 どんな感想が出たか、全体にも共有してください。

★人権について、人々がどう思っているのか、「意識調査」から見える現実を知っていただきました。人権について話し合うときには、「・・だろう」「・・に違いない」といったイメージではなく、今の意識の実際のことを知っておくことも大切です。

• 実施にあたっては、ワークシート1 の注にあるウェブサイトか報告書冊子を参照して、元データを確認しておくとよりよい。

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 人権学習シリーズ あたりまえの根っこ 知ることでつくるゆたかな関係/2.統計ラインアップ