人権学習シリーズ あたりまえの根っこ あなたが大切にする 人としての中心軸は?/2.名札書きとチェックイン

更新日:平成28年2月15日

「あなたが大切にする 人としての中心軸は?」(めやす90分) 

2.名札書きとチェックイン

詳細な手順

ポイント

(25分)
名札書き3分、チェックイン5分、2人組で自己紹介7分、
枕詞記入5分、枕詞を2人組で紹介5分

名札書き(呼ばれたい名前)
★はじめに、名札を書いてもらいたいと思います。名札には、このワークショップの中で呼ばれたい名前を書いてください。呼ばれたい名前なので、ご自身の名前でもいいですし、小さいころ呼ばれていたようなニックネーム、映画やマンガの登場人物などあなたが呼ばれてうれしい名前で自由に考えてもらってけっこうです。名札の上の3分の1ほどのスペースをあけておいてください。

●名札用紙と名札を配付し、名前を書いてもらう。

チェックイン(あなたはなぜここへ?)
★次にチェックインという活動を行いたいと思います。チェックインは、ホテルなどでまずチェックインをするように、ここでは場に入っていく心の準備として行いたいと思います。
 付せんを配りますので、「あなたがここへ来た理由」を書いてください。

●付せんを1人1枚配付し、「ここへ来た理由」を書いてもらう。


記入例:名札用紙の下3分の2のスペースに呼ばれたい名前が書かれている。
・見えやすいように大きな字で書いてもらう。

 

 

2人組で自己紹介

★これから、ペアになって自己紹介をします。近くの方と2人組を作ってください。お知り合いの方と近くに座っている場合は、少し移動して、あまり知らない方と組んだ方がいろんな方とお知り合いになれるのでいいかもしれません。5分ほど時間をとりますので、お互いに名前とチェックインで書かれたことを話してください。 

●2人組を作り、自己紹介をしてもらう。

・参加者数が奇数の場合は3人組を作り、時間を少し長めにとる。

枕詞(大切にしていること)
★少し、お話をして心がほぐれたかと思います。今度は、先ほどあけておいた名札の上3分の1の部分に枕詞を書いてもらいます。そこには、あなたを紹介する一言として、あなたが大切にしていること(価値観につながること)を書いてください。これは、自分自身のことを開示することになるので少し時間がかかると思います。

●枕詞を個人で書いてもらう。

★今度は、違うペアになって名前とチェックインに書いたこと、枕詞を紹介し合ってみてください。このことは人それぞれが大切にしていることなので否定せず尊重することを大切にしましょう。

●違う2人組で枕詞を紹介し合ってもらう。

・すぐに浮かばないかもしれないので例を挙げる。人と関わるときに大切にしていることや座右の銘など。例)和、思ったら即行動!、相手の目を見て話を聴く、自分自身のルーツに関わることなど。

名札の記入例:名札用紙の余白に枕詞が書かれている(ここでは「思ったら即行動」)

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 人権学習シリーズ あたりまえの根っこ あなたが大切にする 人としての中心軸は?/2.名札書きとチェックイン