人権学習シリーズ あたりまえの根っこ しあわせになりたい!/2.お互い聴きあおう

更新日:平成28年2月15日

「しあわせになりたい!」(めやす90分)

2.お互い聴きあおう

詳細な手順

ポイント

(15分)
席替え・ペアづくり3分、傾聴の説明3分、トーク&傾聴@1分×2(×2、3回)、ペア交代の時間など3から7分

★はじめに、ペアになって自己紹介をします。隣の人と2人組を作ってください。お知り合いの方と近くに座っていて、あらたまってしゃべるのが照れくさいようでしたら、席を入れ替わってもらってください。ペアはできたでしょうか。
 これから、片方が話し手、片方が聴き手になって、1分ずつ話していただきます。話していただくテーマは後で説明しますが、話すときは1分間、話し手が主役の時間です。そのために大切なのは、聴き手の聴き方です。「傾聴」という聴き方をしてみましょう。

●「傾聴」と板書する。

★ポイントは「心・体・頭」。「心」は、100%話し手に心を向ける。「体」は、体全体で共感を表す。「頭」は、頭をからっぽにして、相手の話を分析したり解釈したりしない。この3つのポイントに気をつけて、聴いてください。
 では、話していただくテーマです。

(下の中から、時間に応じて選ぶ。テーマを変えるごとに、ペアの相手も変えるとよい。)
「最近のわたしのお気に入り」
「わたしがしあわせを感じるとき」
「わたしの好きなことば・座右の銘」

 

前へ   次へ≫  目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 教材・啓発冊子の紹介 > 人権学習シリーズ あたりまえの根っこ しあわせになりたい!/2.お互い聴きあおう