人権問題に関する府民意識調査報告書(分析編) 人権問題に消極的な態度・意識を分析する 3.標本誤差(歪み・代表性)について

更新日:2012年3月28日

人権問題に関する府民意識調査検討会委員
奈良教育大学名誉教授 中川喜代子

3.標本誤差(歪み・代表性)について

(1)大阪府の全有権者と比べて、女性の割合がやや高いことに留意して分析する必要がある。【表3】

【表3 選挙人名簿登録者と意識調査回答者の性別内訳】

 

男性

女性

無回答・不明

合計

選挙人名簿人口※

(構成比)

3,416,141

(48.1)

3,692,641

(51.9)

7,108,782

(100.0)

意識調査回答

(構成比)

(無回答除く構成比)

394

(43.6)

(48.5)

418

(46.3)

(51.4)

91

(10.1)

903

(100.0)

※平成22年6月2日現在

 

(2)標本抽出計画から見て、大阪市の回収率がかなり低いことにも留意するべきである。【表4】

【表4 抽出計画数と有効標本数の地域別内訳】

 

大阪市

豊 能

三 島

北河内

中河内

南河内

泉 北

泉 南

不 明

合 計

抽出計画数

(構成比)

612

(30.6)

148

(7.4)

245

(12.2)

268

(13.4)

191

(9.6)

142

(7.1)

265

(13.2)

129

(6.5)

2,000

有効標本数

(構成比)

(回収率)

219

(24.2)

(35.8)

75

(8.3)

(50.7)

129

(14.3)

(52.7)

137

(15.2)

(51.1)

95

(10.5)

(49.7)

64

(7.1)

(45.1)

115

(12.7)

(43.4)

64

(7.1)

(49.6)

5

(0.6)

903

(45.2)

 

(3)本調査における信頼区間の1/2幅がかなり大きいことに留意する必要がある。【表5】

【表5 信頼度95%における主要な%の信頼区間1/2幅】

 

P(%)

n

5

95

10

90

15

85

20

80

25

75

30

70

35

65

40

60

45

55

50

50

総数

903

2.1

2.8

3.4

3.8

4.1

4.3

4.5

4.6

4.7

4.7

〈性別〉

男性

女性

不明

 

394

418

91

 

3.1

3.0

6.5

 

4.3

4.2

8.9

 

5.1

4.9

10.6

 

5.7

5.5

11.9

 

6.2

6.0

12.8

 

6.5

6.3

13.6

 

6.8

6.6

14.1

 

7.0

6.8

14.5

 

7.1

6.9

14.8

 

7.1

6.9

14.8

〈年齢別〉

20歳から29歳

30歳から39歳

40歳から49歳

50歳から59歳

60歳から69歳

70歳以上

不明

 

58

108

127

134

197

185

94

 

8.1

5.9

5.5

5.3

4.4

4.5

6.4

 

11.1

8.2

7.5

7.3

6.0

6.2

8.8

 

13.3

9.7

9.0

8.7

7.2

7.4

10.4

 

14.9

10.9

10.0

9.8

8.1

8.3

11.7

 

16.1

11.8

10.9

10.6

8.7

9.0

12.6

 

17.0

12.5

11.5

11.2

9.2

9.5

13.4

 

17.7

13.0

12.0

11.7

9.6

9.9

13.9

 

18.2

13.3

12.3

12.0

9.9

10.2

14.3

 

18.5

13.5

12.5

12.2

10.0

10.3

14.5

 

18.6

13.6

12.5

12.2

10.1

10.4

14.6

 

前へ 次へ》 目次へ

このページの作成所属
府民文化部 人権局人権企画課 教育・啓発グループ

ここまで本文です。


ホーム > 人権・男女共同参画 > 人権 > 様々な人権問題に関する施策 > 人権問題に関する府民意識調査報告書(分析編) 人権問題に消極的な態度・意識を分析する 3.標本誤差(歪み・代表性)について