「中小企業向けDX体験型イベント 事例・ツール・操作から、DXを知ろう 」を開催!

更新日:2022年5月2日

3月16日開催「中小企業向けDX体験型イベント」バナー

令和4年3月16日(水曜日)「中小企業向けDX体験型イベント 事例・ツール・操作から、DXを知ろう」を開催! 終了しました

「DXに取り組みたい!でも、何をしたらいいかイメージがわかない」とお困りではありませんか?
本イベントは、中小企業のDX推進事例の紹介や、中小企業が実際に導入したツール等の展示体験、その場で参加できるクラウドツールの操作など、「体験」をコンセプトにしたプログラムとなっています。
本イベントでの「体験」をきっかけに、DXへの第一歩を踏み出してみませんか。府内中小企業の皆様のご参加をお待ちしています!

チラシこちら [PDFファイル/378KB]

日時

令和4年3月16日(水曜日)午後1時30分から午後4時30分

開催形式

会場(エル・おおさか 南館5階 南ホール(大阪市中央区石町2丁目5番3号))及び、オンライン配信
※新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、会場での開催が中止となる場合がありますので、予めご了承ください。

定員

会場40名(先着順)、オンライン200名(先着順)

参加費

無料

対象

大阪府内の中小企業の経営者やDX推進担当者

申込み

  ・オンライン配信をお申込みいただいた方には、視聴URLをお知らせいたします。なお、視聴URLはイベントに参加する方のみ利用可能とし、社外への転送などの再配布を禁止します。
  ・また、オンラインでの参加にあたっての視聴環境は参加者においてご準備ください。参加者の通信環境や通信回線の状況により中断される可能性があります。その場合は、主催者及び共催者では責任を負いかねますので、あらかじめご理解の上お申し込みください。

内容

会場オンライン
(1)DX支援策のご案内(午後1時30分から)
 大阪府DX推進パートナーズ(大阪府)
 大阪DX推進プロジェクト((公財)大阪産業局)
 IT導入補助金(近畿経済産業局)

(2)中小企業のDX事例紹介(午後2時10分から)

 「身近なツールを使って非対面での立会いを実現 できることから始める大切さ」
 講師:高千穂産業株式会社 代表取締役社長 荒木 康秀 氏
 「当初はウェブ会議には全く無縁でした」 コロナ禍でウェブ会議システムを利用したことをきっかけに、業務でも活用できるのではないかと思い、ウェアラブルカメラを活用した遠隔立会いシステムを実現。難しく考えずにできることから始めた事例としてご紹介します。

 「日報のデジタル化への道のり 現場に負担なく導入するには」
 講師:株式会社サンコー技研 専務取締役兼工場長 田中 敬 氏
 新しいシステムの導入時に、従業員が「使いにくい」と感じてしまったらなかなかその先に進みづらい。そんな経験から、「現場で負担なく導入しやすいもの」をモットーに根気強くITベンダーとコミュニケーションを重ね、製造業の現場にフィットした日報アプリを開発・導入した事例についてお話しします。

(3)DXツール展示体験(午後3時から)

大阪府DX推進パートナーズがツールを展示します。
※全面オンライン開催となった場合、体験内容が変更となる場合があります。

展示タイトル出展企業名展示内容
ウェアラブルカメラを利用した遠隔立会い特許業務法人いしい特許事務所、株式会社リモートアシスト(※)ウエェアラブルカメラを活用して、遠隔地から試薬加工の立会い、工場検査、現場の状況把握などが行えるシステムのデモンストレーションを行います。
QRを撮るだけの簡単記録!だれでも出来る日報電子化株式会社サン・エンジニアリングQRコードを撮るだけで、簡単に作業日報を記録でき、リアルタイム可視化・データの分析ができるアプリの操作を体験していただきます。
勘定奉行クラウドではじめる経理業務のデジタル化株式会社オービックビジネスコンサルタント

日々の仕訳伝票入力やチェック、新たに発生する電子証憑の受領から保管までの業務にいかに対応すべきかをデモンストレーションも踏まえてわかりやすくご紹介します。

プログラミング知識不要で作成したアプリケーション利用体験株式会社ソントレーゾ施錠開錠ボタンの操作によって、IoT機器が動く「鍵解錠アプリ」の他、「来訪受付アプリ」「備品管理アプリ」など、プログラミング知識不要で作成したアプリの利用体験ができます。
QRコードとスマホを使ってモノの位置を可視化する「Xeye」株式会社ワイズ・ラブスマートフォンでQRコードを読み取ってモノの位置を登録し、リアルタイムに可視化することで、在庫管理などに活用できるシステムを体験していただきます。
遠隔監視及びAI外観検査のデモ体験株式会社中央電機計器製作所(1)クラウドを介して遠隔で状態監視・制御ができる様子をご紹介します。(2)カメラで映したものをAIで判別する外観検査を体験していただきます。
高精度測位サービス「ichimill」ソフトバンク株式会社「ichimill」の実機と、実際に「ichimill」を使って事前に測定した高精度な測位情報をご覧いただきます。物流管理などでの利用など活用方法もご案内します。
セルフ式検温&ラベルシール発行システム「TEMPOK HAND」株式会社日立システムズ手をかざすだけで検温でき、即座に検温結果のラベルシールが発行可能。会場入室時にご利用ください。

(※)特許業務法人いしい特許事務所(大阪府DX推進パートナーズ)の協力会社

(3)オンラインセミナー(午後3時から)
オンライン参加の方には、展示の時間中、以下のオンラインセミナー動画をご覧いただきます。

『はじめてのシステム導入 失敗しないITベンダーとの付き合い方』
「システムの導入に向けて、何から手を付ければよいかわからない」 こんなお困りにお答えすべく、システム導入時に特に気を付けたい3つのポイントについて解説します。
講師:株式会社シーイーシー 第三営業部 今井 勝行氏

『DXの第一歩 なぜDXが必要なのか?本当のゴールとは?』
DXとは何か?なぜDXが必要なのか?今私たちが本当にやるべき事は何なのか?現状の把握と今すべきこと、DXによって生まれる新しい価値や未来・可能性について、事例と共にお話しします。
講師:株式会社ノベルワークス 代表取締役社長 満村 聡氏
(4)ちょこっと業務改善体験(午後4時から)
毎月の報告、調査の集計、アンケートのレポート…。
エクセル、メールなど様々なファイルで送られてくるデータをまとめることに時間を費やしていませんか?
今回は、皆さんにアンケートにご参加いただき、リアルタイムで集計して、一緒にレポートを作成していきます。(QRコード等からアンケートフォームの画面へお進みいただきます。)
※会場参加の方は、携帯電話やタブレット等をご持参ください。また、通信環境は各自でご準備ください。なお、携帯電話等をご持参できない方も、操作の様子を会場モニターでご覧いただけます。

主催

大阪府

共催

大阪府DX推進パートナーズ、大阪DX推進プロジェクト(公益財団法人大阪産業局)

問合せ

 大阪府商工労働部成長産業振興室産業創造課
 メールアドレス:sangyosozo@gbox.pref.osaka.lg.jp
 電話番号:06-6210-9485  ファックス番号:06-6210-9296

セミナーのお申込みにあたって

・内容は変更になる場合があります。
・会場での開催につきましては、感染症対策を十分に講じた上で実施します。なお、新型コロナウイルス感染症の感染状況によっては、会場での開催が中止となる場合がありますので、予めご了承ください。
・イベントの録画・録音・スクリーンショット、投映・配布資料の無断引用、転載、再配布は禁止します。
・イベントにおいて、DX推進に資する商品やサービスをご説明することがありますが、大阪府が特定の企業・サービス・商品を認定・認証・推奨しているものではありませんので、あらかじめご理解の上お申し込みください。
・障がい等の理由により配慮を希望する方は、申込み時にお申し出ください。
※本イベントの参加申込にかかる個人情報は、主催者及び共催者間で共有するとともに、受付・連絡・アンケート等のイベント運営や大阪府又は公益財団法人大阪産業局が実施するDX支援策等に関するご案内に利用します。

※本ページに記載されている会社名および商品・サービス名は、各社の商標または登録商標です。

感染症防止策チェックリスト
 感染防止策チェックリスト(3月16日開催) [PDFファイル/847KB]

このページの作成所属
商工労働部 成長産業振興室産業創造課 産業化戦略グループ

ここまで本文です。


ホーム > 商工・労働 > 経営支援 > 大阪府DX推進パートナーズ > 「中小企業向けDX体験型イベント 事例・ツール・操作から、DXを知ろう 」を開催!