サブメニューを飛ばして本文へ
お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内

ここから本文です。


質問と回答 [ Q&A番号:759 ]


質問

大阪府内で公益事業のみを行う公益財団法人ですが、法人府民税・事業税の確定申告書の提出は必要ですか。

回答

収益事業を行わない公益財団法人(公益社団法人も同様)は、法人府民税均等割(年額2万円)のみが課税されます。「均等割申告書(地方税法施行規則様式第11号)」により4月30日までに法人の事務所の所在地を担当する府税事務所に提出してください。
なお、大阪府では、収益事業を行わない公益財団法人(公益社団法人、認可地縁団体、NPO法人、管理組合法人、団地管理組合法人、マンション建替組合、マンション敷地売却組合、防災街区整備事業組合、法人税法第2条第9号の2イに該当する非営利型の一般社団法人(又は一般財団法人)のうち主として公益目的事業を行う法人も同様)に対して法人府民税均等割の減免の取扱いがあります。減免を受ける場合は、均等割の申告期限までに「法人府民税の減免申請書」を提出する必要があります。
平成30年4月の減免の手続から、減免の適用を受けた翌年度以降は、減免の事由に異動がない場合、均等割申告書及び減免申請書の提出を不要とし、提出があったものとみなして減免の適用を行います。
該当する場合には、「均等割申告書」及び「減免申請書」の送付を取りやめ、5月下旬に減免を適用した旨の通知書のみを送付します。
なお、収益事業を開始した場合には、速やかに「収益事業開始申告書」を提出してください。

詳しくは、担当する府税事務所にお問合せください。

参考リンク

お問合せ窓口

財務部 税務局徴税対策課 事業税グループ
電話番号 06-6210-9124
559-8555 大阪市住之江区南港北1丁目14−16 大阪府咲洲庁舎(さきしまコスモタワー)18階

このページの作成所属
財務部 税務局徴税対策課 事業税グループ

お問合せ集(FAQ)をさがす
トピックス
キーワードでさがす
(Q&A番号でさがす)
内容でさがす 目的でさがす よくあるお問合せ
ご案内メニュー
手続・催しのご案内 各種ご案内
ホーム > ピピっとネットトップ > お問合せ集(FAQ) > 大阪府内で公益事業のみを行う公益財団法人ですが、法人府民税・事業税の確定申告書の提出は必要ですか。

ここまで本文です。