河川室河川整備課(府民チェックボード)

サブメニューを飛ばして本文へ






ここから本文です。


府民チェックボード

府民チェックボードとは


 大阪府では、それぞれの職場でさまざまな課題や懸案に日頃から取り組んでいます。府民のみなさんにとって、府のこうした取組についてこれまでなかなか知る機会がなかったのではないでしょうか。
 府が課題や懸案にどのように取り組んでいるか、そのプロセスを府民のみなさんにご覧いただけるページをつくりました。

府民チェックボード


  • 【検討終了】新たな治水対策の推進

  •  大阪府では、大阪府河川整備委員会における審議を踏まえ、平成22年6月に「今後の治水対策の進め方」を策定しました。この中で、今後の治水対策では、「人命を守ることを最優先」としたうえで、様々な降雨で想定される河川氾濫・浸水の危険性を流域の府民に開示し、リスクを共有します。併せて、今後20から30年という期間で、目指すべき治水目標を河川ごとに定め、総合的な治水対策に取り組んでいきます。
  • 【検討終了】槇尾川における“真に水害につよいまち”の実現に向けて

  •  槇尾川の治水対策については、川の危険個所にひとつひとつ丁寧に対応していくとともに、いざというときの避難ルートや避難体制の確立などソフト面も含めた総合的な治水対策を速やかに講じていきます。そのために、地元市や地元住民の皆さんと連携して、“真に水害に強いまち”をめざします。

ここまで本文です。