労働力調査地方集計結果(四半期平均)


ここから本文です。

更新日:2022年5月31日

令和4年(2022年)1月〜3月期平均

大阪の就業状況

Labour Force Survey Results In Osaka
(January‐March,2022)


大阪の就業状況 令和4年(2022年)1月〜3月期平均

  総務省が実施している労働力調査(基幹統計調査)の大阪府分のデータ(毎月約2,700世帯、15歳以上の世帯員約7,000人)の使用について同省の承認を得て、作成した。

概    況

 〇完全失業率・・・   2.9%で、前年同期に比べ1.0ポイント低下
(労働力人口に占める完全失業者の割合) 

 〇完全失業者数・・・   13万8千人で、前年同期に比べ4万9千人(26.2%)減少

 〇就業者数・・・・・      457万9千人で、前年同期に比べ2万8千人(0.6%)減少

 〇休業者数・・・・・      19万4千人で、前年同期に比べ3万6千人(22.8%)増加

 〇労働力人口・・・      471万8千人で、前年同期に比べ7万6千人(1.6%)減少

 ○非労働力人口・・・ 305万4千人で、前年同期に比べ5万6千人(1.9%)増加

雇用形態別雇用者数(役員を除く)
 〇正規の職員・従業員・・・・ 235万人で、前年同期に比べ5万3千人(2.2%)減少

 〇非正規の職員・従業員・・ 153万5千人で、前年同期に比べ2万9千人(1.9%)増加

(参考)大阪府、近畿及び全国の完全失業率の推移

  近畿は2.8%で、前年同期に比べ0.3ポイント低下
  全国は2.7%で、前年同期に比べ0.1ポイント低下

 大阪府、近畿及び全国の完全失業率の推移

このページの作成所属
総務部 統計課 人口・労働グループ

ここまで本文です。


ホーム > 労働力調査地方集計結果(四半期平均)