学校保健統計調査


ここから本文です。

更新日:令和3年7月28日

令和2年度 大阪の学校保健統計調査報告

調査結果の概要

1 発育状態

身長

全国平均値と比較すると、
男子は年齢層によりばらつきがあり、5歳、8歳、11歳から16歳までで同じか高くなっている。
女子は5歳から7歳まででやや低い傾向があるが、8歳、10歳から14歳まで、16歳、17歳で同じか高くなっている。

身長の平均値
(男子・全国との比較)
身長の平均値(男子・全国との比較)

(女子・全国との比較)
身長の平均値女子全国との比較

 

体重

全国平均値と比較すると、男女ともにやや軽い傾向がある。
男子は5歳から12歳まで、14歳、15歳、17歳で下回っている。
女子は5歳から10歳まで、12歳から17歳までで同じか下回っている。

体重の平均値
(男子・全国との比較)
体重の平均値男子全国との比較

(女子・全国との比較)
体重の平均値女子全国との比較


 2 肥満傾向児及び痩身傾向児の出現率

肥満傾向児

全国平均値と比較すると、
男子は5歳から10歳まで、12歳、15歳、17歳で、
女子は5歳から7歳まで、10歳から15歳まで、17歳で
下回っている。

肥満傾向児の出現率
(男子)
肥満傾向児の出現率男子

(女子)
肥満傾向児の出現率女子


痩身傾向児

全国平均値と比較すると、
男子は7歳、9歳から11歳まで、13歳、14歳、16歳、17歳で上回っている。
女子は5歳、10歳から17歳までで同じか上回っている。

痩身傾向児の出現率
(男子)
痩身傾向児の出現率男子

(女子)
痩身傾向児の出現率女子


3 健康状態

裸眼視力1.0未満の者の割合

幼稚園20.2%、小学校39.2%、中学校56.6%となっており、全国平均値と比較すると、8歳から12歳までで上回っている。

裸眼視力(1.0未満の者)の割合(年次推移)

裸眼視力1.0未満の者の割合


 注)高等学校は、メガネやコンタクトレンズで視力矯正をして測定しているため、裸眼視力の調査データが無いかデータが少なく、秘匿対象となっている年度が複数存在するため、年次推移グラフは掲載していない。


むし歯(う歯)(処置完了者を含む)の割合

幼稚園32.4%、小学校38.5%、中学校33.2%、高等学校39.3%となっており、全国平均値と比較すると、6歳、8歳から11歳まで、15歳から17歳までで下回っている。

むし歯(う歯)の割合(年次推移)

むし歯の者の割合


このページの作成所属
総務部 統計課 勤労・教育グループ

ここまで本文です。


ホーム > 学校保健統計調査