令和5年度大阪府観光客受入環境整備の推進に関する調査検討会議

更新日:2023年7月20日

 令和5年度大阪府観光客受入環境整備の推進に関する調査検討会議について

 大阪府では、来阪旅行者の急増や旅行者ニーズの多様化に伴い、平成29年1月に宿泊税を導入し、観光客の受入環境整備や魅力づくりの推進等に宿泊税を活用してきました。2025年大阪・関西万博の開催を見据え、本府において現在検討している、修学旅行生等を対象とする宿泊税の課税免除制度についてご意見をいただくため、「大阪府観光客受入環境整備の推進に関する調査検討会議」を開催します。


  設置根拠:大阪府附属機関条例

 委員名簿:[Wordファイル/21KB]  [PDFファイル/73KB]


会議開催状況について

回数 開催日 開催場所 議題 会議資料等
第1回令和5年7月20日(木曜日)大阪府咲洲庁舎41階会議室(大)万博開催期間における修学旅行生等を対象とする宿泊税の課税免除制度(案)について

会議資料等はこちら


過去の開催経過

平成27年度の開催状況はこちら
平成30年度の開催状況はこちら
令和3年度の開催状況はこちら

このページの作成所属
府民文化部 都市魅力創造局企画・観光課 観光環境整備グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市魅力・観光・文化 > 都市魅力紹介 > 令和5年度大阪府観光客受入環境整備の推進に関する調査検討会議