経営戦略等

更新日:令和2年10月30日

経営戦略等 

    地方公営企業(以下、「公営企業」という。)は、料金収入をもって経営を行う独立採算制を基本原則としながら、住民生活に身近な社会資本を整備し、必要なサービスを提供する役割を果たしており、将来にわたりその本来の目的である公共の福祉を増進していくことが必要です。

  現在、サービスの提供に必要な施設等の老朽化に伴う更新投資の増大、人口減少に伴う料金収入の減少等により、経営環境は厳しさを増しつつあります。このため、各地方公共団体においては、公営企業の経営環境の変化に適切に対応し、そのあり方について絶えず検討を行うことが求められています。

   こうした中で、引き続き公営企業として事業を行う場合には、自らの経営等について的確な現状把握を行った上で、中長期的な視野に基づく計画的な経営に取り組み、徹底した効率化、経営健全化を行うことが必要です。そのために、各公営企業(病院事業を除く。)において、中長期的な経営の基本計画である「経営戦略」を令和2年度までに策定し、経営基盤の強化と財政マネジメントの向上に取り組むよう総務省から要請されています。

  また、公営企業のうち、病院事業については、都道府県が策定する地域医療構想(※)と整合性をはかりながら、平成28年度までに、「新公立病院改革プラン」を策定するよう総務省から要請を受けたため、府内の全市立病院(政令市除く)が同プランを策定しております。

 ※ 「大阪府地域医療構想」(健康医療部保健医療室保健医療企画課ホームページ)

【経営戦略】(令和2年10月現在)

<水道事業>

 岸和田市

豊中市

池田市

吹田市

泉大津市

高槻市

貝塚市

守口市

枚方市

茨木市

八尾市

泉佐野市

富田林市

寝屋川市

河内長野市

松原市

大東市

和泉市

箕面市

柏原市

羽曳野市

門真市

摂津市

高石市

藤井寺市

東大阪市

 交野市

大阪狭山市

島本町

能勢町

熊取町

河南町

泉北水道企業団

(注1)団体名をクリックすると、各団体が公表しているページにリンクします。 リンク先のページに関する内容については、各団体にお問合せください。       

(注2)四條畷市、太子町及び千早赤阪村は平成29年4月1日から、泉南市、阪南市、豊能町、忠岡町、田尻町及び岬町は平成314月1日から大阪広域水道企業団と統合しております。

 <下水道事業>

岸和田市

豊中市

池田市

吹田市

泉大津市

高槻市

貝塚市

守口市

枚方市

茨木市

八尾市

泉佐野市

富田林市

寝屋川市

河内長野市

松原市

大東市

和泉市

箕面市

柏原市

羽曳野市

門真市

摂津市

高石市

藤井寺市

東大阪市

泉南市

四條畷市

交野市

大阪狭山市

阪南市

 島本町

豊能町

能勢町

忠岡町

熊取町

田尻町

岬町

太子町

河南町

千早赤阪村

(注1)団体名をクリックすると、各団体が公表しているページにリンクします。 リンク先のページに関する内容については、各団体にお問合せください。 

【新公立病院改革プラン】(令和2年10月現在)

市立岸和田市民病院

(岸和田市)

市立豊中病院

(豊中市)

市立池田病院

(池田市)

(地独)市立吹田市民病院

(吹田市)

泉大津市立病院

(泉大津市)

市立貝塚病院

(貝塚市)

市立ひらかた病院

(枚方市)

八尾市立病院

(八尾市)

(地独)りんくう
総合医療センター

(泉佐野市)

和泉市立総合医療
センター

(和泉市)

箕面市立病院

(箕面市)

市立柏原病院

(柏原市)

市立藤井寺市民病院

(藤井寺市)

(地独)市立東大阪
医療センター

(東大阪市)

阪南市民病院

(阪南市)

(注1)病院名をクリックすると、各団体が公表しているページにリンクします。リンク先のページに関する内容については、各病院にお問合せください。 

このページの作成所属
総務部 市町村課 財政グループ

ここまで本文です。