自立支援通訳の派遣に関すること

更新日:平成26年5月20日

中国残留邦人等の援護

○ 自立支援通訳の派遣

<目的>

  大阪府に定着した中国帰国者の医療機関での適切な受診の確保ならびに関係行政機関等での助言、指導及び援助を容易にして、中国帰国者の定着自立の促進を図るため、自立支援通訳を派遣しています。

 

<派遣に対するお問い合わせ>

  各市区及び島本町にお住まいの方は各市区町の福祉事務所等

  町村(島本町を除く)にお住まいの方は大阪府

 

○ 大阪府からの自立支援通訳派遣

<派遣対象者>

 1 中国残留邦人等及びその配偶者で町村在住者(島本町を除く)

 2 永住帰国後3年以内の中国残留邦人等の子及びその配偶者(ただし国費により永住帰国した者)で町村在住者(島本町を除く)

 3 永住帰国後3年以内の中国残留邦人等の子及びその配偶者(ただし国費により永住帰国した者を除く)で大阪府在住者

※詳細は下記窓口までお問い合わせください。

 

<派遣要件>

 1 医療機関を受診する場合

 2 福祉事務所等の関係行政機関から援助を受ける場合

 3 小・中学校及び高等学校に通学する子の学校生活上生じた問題について相談する場合と、中学校に通学する子の進路について相談する場合

 4 介護保険制度による介護サービスを利用する場合 など

 

<申込案内>

 1 申込方法

   原則として派遣希望日の10日前までに、窓口まで連絡してください。

   ただし、派遣内容等により派遣できない場合もありますので、窓口までご確認ください。

 2 申請に必要なもの(ただし書類の提出は初回のみ)

   中国残留邦人等の証明書(写し)

   中国残留邦人等及びその親族であることが確認できる書類

   住民票又は外国人登録原票等

 3 費用は無料です。

 

<窓口>

  大阪府 福祉部 地域福祉推進室 社会援護課 恩給援護グループ

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

ここまで本文です。