中国帰国者支援・交流センター

更新日:平成26年5月20日

中国残留邦人等に対する援護

○ 中国帰国者支援・交流センター

 国は、中国帰国者問題について、国民の関心と理解を促し、関係機関との連携の下に民間ボランティアや地域住民の協力を得ながら、日本語学習支援、相談事業、交流事業及び啓発事業などを中長期的に行うため、帰国者支援の拠点の設置を決定し、永住帰国した中国残留邦人等やその家族を支援するため、全国7ブロックに中国帰国者支援・交流センターを設置しています。

 中国帰国者支援・交流センターでは、すべての中国残留邦人等永住帰国者を対象に、日本語学習支援や相談事業、地域社会から孤立しがちな帰国者やその家族に地域の人々との接点の場を提供し、社会的な自立を促すための交流事業等を行っているほか、各自治体が実施する地域生活支援事業に対する助言・協力等の支援を行っています。

 

<実施事業>

 ・日本語学習の支援

 ・日本語学習支援の遠隔学習課程に係るスクーリングの実施

 ・生活相談事業

 ・交流事業  など

 

 大阪府内にお住いの中国残留邦人等とその家族の方への支援は、近畿ブロックの中国帰国者支援・交流センターにおいて実施しております。事業内容等の詳しい情報は、下記のホームページをご覧ください。

 

 近畿中国帰国者支援・交流センターのホームページ(外部サイトを別ウインドウで開きます)

このページの作成所属
福祉部 地域福祉推進室社会援護課 恩給援護グループ

ここまで本文です。