長周期地震動対策工事の実施状況

更新日:令和2年9月2日

 長周期地震動に対する咲洲庁舎の安全性向上を図るため、平成23年度から25年度にかけて

以下の対策工事を実施しました。

 

(1) 制震ダンパーの設置(鋼材系ダンパー152台(長辺方向)、オイルダンパー140台(短辺方向)) 【平成26年1月 工事完了】

    → ダンパーが地震エネルギーを吸収することで、建物の揺れ幅や揺れ時間を低減。

(2) エレベータの安全対策(ロープ引掛り防止のためのプロテクタの設置、長周期振動時管制運転装置の設置) 【平成24年8月 工事完了】

(3) 内装材等の耐震対策(天井・階段室壁の脱落防止措置、防火戸の取付け部の調整) 【平成26年1月 工事完了】

(4) 受水槽の耐震化(強度の高い水槽への取替え) 【平成24年9月 工事完了】

  

〔1〕制振ダンパーの設置

  制震ダンパーの設置場所(断面図・平面図・詳細図)

 

■ 鋼材系ダンパーの設置

○ 鋼材の塑性変形(ひずみ)を利用して地震エネルギーを吸収し、建物の揺れや構造体に与える損傷を軽減するもの。

 →柔らかく延び能力のある鋼材が主架構(梁・柱等)よりも先に塑性化することで、主架構の負担を軽減。

 鋼材系ダンパー

 

■ オイルダンパーの設置

○ オイルの粘性を利用して地震エネルギーを吸収し、建物の揺れや構造体に与える損傷を軽減するもの。

 →オイルダンパーのピストンには、オイルを通過させる狭い通路があり、オイルが通過するときに抵抗力を発生

  し、その抵抗力によって振動を制御。

 オイルダンパー

 

 

室内全景(鋼材系ダンパーとオイルダンパー)

 室内全景(鋼材系ダンパーとオイルダンパー)

 

〔2〕エレベーターの安全対策

■ エレベーターロープの引掛り防止対策

○ 長周期地震動によりロープが振れて昇降路内の突起物に引っ掛らないよう、プロテクタ等を設置。

エレベーターロープの引掛り防止対策

 

■ 長周期振動時管制運転装置の設置

○ エレベーター機械室に設置されたセンサーにより、地震又は強風でエレベーターロープの振れが大きくなると予測される場合は、

  エレベーターを最寄階等に停止させ、乗客の閉じ込めや機器の損傷を防止。

長周期振動時管制運転装置の設置

 

〔3〕−1 内装材等の耐震対策

■ システム天井の取付け部補強

○ 天井ボードと支持部材を固定する落下防止金物を増強。

システム天井の取付部補強

システム天井の取付部補強2

〔3〕−2 内装材等の耐震対策

■ 階段室壁材の剥離・落下防止

○ 階段室壁材の剥離・落下を防止するため、表面にグラスファイバーネットを貼り付け。

階段室壁材の剥離・落下防止

階段室壁材の剥離・落下防止2

 

〔3〕−3 防火戸の取付け部調整

■ 防火戸のレリーズ取り替え

○ 建物の揺れで防火戸が容易に開放しないよう、防火戸を留めているレリーズの形状等を変更。

 防火戸レリーズの取り換え

 

〔4〕 受水槽の耐震化

■ 受水槽の耐震化

○ 地震時のスロッシング現象(地震波により槽内の水が大きく動く現象)により受水槽が破損しないよう、耐震性の高い水槽

  (天井梁材・補強バー等により補強されたもの)に取り替え。

   受水槽の耐震化

このページの作成所属
総務部 庁舎室庁舎整備課 

ここまで本文です。


ホーム > 咲洲庁舎整備について > 長周期地震動対策工事の実施状況