特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本方針の変更について

更新日:平成30年3月28日

 京都議定書の第一約束期間である平成20年度から平成24年度までの集中的な間伐等の実施を目的として平成20年5月に制定された「森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法」が、引き続き、森林による二酸化炭素の吸収作用の保全及び強化のための間伐等の実施を促進することを目的として、その一部を改正する法律が平成25年5月31日に公布・施行されました。

 
大阪府では、この法律等に基づき、府内の民有林における平成25年度から平成32年度までの8年間における間伐等の森林整備及び特定母樹の増殖の実施を促進するため、「特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本方針」を定めていました。

 このたび、伐採適期を迎えた高齢級の人工林が増加しつつあり、再造林等による伐採跡地の適切な更新の重要性に鑑み、大阪府においても特定母樹の増殖の実施の促進に取り組む事業者が増加することから、「特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本方針」を変更しましたので、同法第4条第5項の規定により公表します。

 なお、この基本方針は、同法第5条第1項の規定により、市町村が作成する「特定間伐等促進計画」の基本的な方針となるものです。

〇基本方針(様式含む)

  特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本方針(平成30年3月変更) [Wordファイル/141KB]

〇森林の間伐等の実施の促進に関する特別措置法(林野庁ホームページより)

 http://www.rinya.maff.go.jp/j/kanbatu/suisin/sotihou.html

 

大阪の森林と林業 のページへ

ひろがれ!みどり おおさかのみどりのホームページへ




問い合わせ先
大阪府 環境農林水産部 みどり推進室 森づくり課 森林整備グループ
電   話 06−6210−9559
ファックス 06−6210−9551
E−mail:mailto:midorikankyo@sbox.pref.osaka.lg.jp

このページの作成所属
環境農林水産部 みどり推進室森づくり課 森林整備グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 自然環境・みどり > ひろがれ!みどり > 特定間伐等及び特定母樹の増殖の実施の促進に関する基本方針の変更について