大阪府河川構造物等審議会「三大水門景観検討部会」

更新日:令和3年6月28日

大阪府河川構造物等審議会「三大水門景観検討部会」について

 大阪府では、大阪府河川構造物等審議会における以下の検討内容の審議を効率的に行うため、大阪府河川構造物等審議会に「三大水門景観検討部会」を設置しています。

審議内容

1. 改築する三大水門の景観検討方針について

2. 木津川水門の景観設計において配慮すべき事項について

3. 安治川水門の景観設計において配慮すべき事項について

設置根拠

大阪府河川構造物等審議会規則 [PDFファイル/105KB]

委員名簿

以下の5名の学識経験者で構成されています。(令和3年4月1日現在)

氏 名  

職 名

選 任 理 由

備 考


久保田 善明              


富山大学都市デザイン学系
教授                     

都市計画、公共空間デザイン分野に精通し、これら専門分野に関する研究活動を行うなど、必要な知識、経験を有することから選任。

山上 路生京都大学大学院工学研究科
准教授

河川工学分野に精通し、これら専門分野に関する研究活動を行うなど、必要な知識、経験を有することから選任。

重山 陽一郎

高知工科大学システム工学群大学院工学研究科
教授

景観デザイン分野に精通し、これら専門分野に関する研究活動を行うなど、必要な知識、経験を有することから選任。専門委員
杉村 延広大和大学理工学部
教授
(大阪府立大学 名誉教授)
機械生産工学の研究活動を行っており、大阪三大水門改築技術検討委員会委員を務めるなど、当該分野の専門知識を有しているほか、本審議会の設立当時から委員を歴任しており、これまでの審議経過を熟知していることから選任。
武田 重昭大阪府立大学大学院生命環境科学研究科
准教授
ランドスケープデザイン分野に精通し、大阪府景観審議会、大阪府河川水辺の賑わいづくり審議会委員を務めるなど、府政の取組みに見識があり、必要な知識、経験を有することから選任。専門委員

令和3年度の審議状況

第1回三大水門景観検討部会

開催日時・場所

令和3年6月21日 月曜日 15時00分から17時00分まで
西大阪治水事務所 1階 AB会議室

審議内容

(1)安治川水門の景観検討の進め方について

(2)アイデアの募集方法について

(3)木津川水門の景観設計について

詳細はこちら

令和2年度の審議状況

第2回三大水門景観検討部会

開催日時・場所

令和2年11月4日 水曜日 18時00分から20時00分まで
大阪府庁別館7階 都市計画室分室

審議内容

(1)第1回三大水門景観検討部会を踏まえた論点整理

(2)改築する三大水門の景観検討方針について

(3)木津川水門の景観設計に関する住民意見募集結果について

(4)木津川水門の景観設計において配慮すべき事項について

詳細はこちら

第1回三大水門景観検討部会

開催日時・場所

令和2年8月31日 月曜日 13時30分から15時30分まで
西大阪治水事務所 1階 AB会議室

審議内容

(1)部会長の選任

(2)西大阪ブロック流域の概要

(3)三大水門の改築に係るこれまでの検討経緯

(4)改築する三大水門の景観検討方針について

(5)木津川水門の景観設計において配慮すべき事項と進め方について

詳細はこちら

このページの作成所属
都市整備部 河川室河川整備課 都市河川グループ

ここまで本文です。


ホーム > 都市計画・都市整備 > 河川・ダム・砂防 > 大阪府河川構造物等審議会 > 大阪府河川構造物等審議会「三大水門景観検討部会」