環境アセスメントの手続を実施しようとする事業者のみなさまへ(電子申請・電子縦覧について)

更新日:令和3年3月30日

生活環境保全
情報ポータル
大気汚染

自動車排ガス・
CO2

化学物質水環境・
水質汚濁
土壌汚染・
地下水
騒音・振動環境
アセスメント
生活環境
保全全般
大阪府の環境アセスメント へ戻る


電子申請の手順

 電子申請を利用して環境アセスメントの手続を実施しようとする事業者のみなさまは、以下の手順を確認してください。(詳細な電子申請の手順については大阪府インターネット申請・申込みサービスのページも参考にしてください。)

 なお、書類の提出等の手続は電子申請を基本としますが、方法書、準備書(要約書含む)及び評価書については、書面で所定の部数を提出していただく必要がありますのでご了承ください。それ以外の書類については、電子申請を利用していただいた場合、紙媒体の提出部数が少なくなります。(案件により提出部数は変動します。)

1.申請者IDを取得する

2.書類を準備する

  • 所定の様式に必要な事項を入力して保存しておいてください。様式(Wordファイル)については、電子申請についてのページ(またはそれぞれの手続の電子申請サービスのトップページ)からダウンロードしていただけます。
  • 必要な添付書類がある場合は、その電子ファイルも準備しておいてください。

3.申請する

  • 電子申請についてのページから実施しようとする手続をクリックすると、それぞれの手続の電子申請サービスのトップページが表示されますので、表示されたトップページのタイトルが実施しようとする手続のものであることを確認してください。
  • トップページに表示された「申請を行う」をクリックしてください。申請者ID認証ページが表示されます。(申請の画面を表示した状態で60分以上操作しなかった場合は、タイムアウトになりますのでご注意ください。)
  • 申請者IDとパスワードを入力して、「認証」をクリックしてください。内容の入力ページが表示されます。
  • 必要な事項を入力するとともに、保存しておいた様式、添付書類を指定して、次へ進んでください。
  • 入力した内容を確認して、次へ進んでください。
  • 「大阪府への申請が完了しました。申請内容が大阪府に到達しました。」というメッセージがページに表示されたことを確認してください。(お問い合わせの際は「到達番号」が必要となりますので、ページを印刷するなどして控えておいてください。)
  • 申請が完了すると、登録したメールアドレスへ到達番号等が記載されたメールが送信されます。

電子縦覧についての留意事項

  • アセス図書等の縦覧については、書面による縦覧に加えて、電子縦覧を併せて行うことを基本とします。
  • アセス図書等の提出の際は、大阪府においてデータの取り込みが可能な電子データの提出にご協力ください*1
    また、電子縦覧の許諾確認のため、電子データ提出の際には、許諾書 [Wordファイル/34KB]を併せて提出してください。
  • アセス図書は、「国土の管理に関わる地図情報を作成する場合」に該当するため、国土地理院の地図等をアセス図書に使用するには、国土地理院に複製又は使用の承認申請が必要となります*2
  • アセス図書等に地図、写真、図形など他人の著作物が含まれる場合には、その著作権(特に自動公衆送信権*3)に留意してください。
  • 電子縦覧について同意することができない場合には、事前にその理由をお知らせください。

      *1 電子データは、電子メールや電子媒体(CD-R、DVD-R等)の送付により提出してください。
      *2 アセス図書等に国土地理院の地図等を使用している場合は、許諾書に国土地理院の承認番号を記載して提出してください。
      *3 自動公衆送信権とはインターネット上に著作物を掲載する権利を言います。地図などを複製できる権利を取得したとしても、その著作物をインターネット上に
           掲載できない場合があります(判定フロー参照)。
          また、アセス図書等に使用している引用著作物については、許諾書にその許諾状況を記載して提出してください。

<判定フロー>

判定フロー


大阪府の環境アセスメント へ戻る

このページの作成所属
環境農林水産部 環境管理室環境保全課 環境審査グループ

ここまで本文です。


ホーム > 環境・リサイクル > 環境一般 > 大阪府の環境アセスメント > 環境アセスメントの手続を実施しようとする事業者のみなさまへ(電子申請・電子縦覧について)